sean's cinema

seanの映画の部屋へようこそ。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

2016-12-17 | 2016年に観た映画(は行)
原作も設定もまるで知らなかったので、観るまではもちろん よくある若者同士のラブストーリーだと思っていた。配役を 見てもそんな感じだし、監督が三木孝浩だけどどうかなぁと。 驚いたことに今思い出しても泣ける。自然と涙さえ出てくる。 なぜだろう。もうだいぶ経つのに忘れられない、この切なさ。 これほどの余韻を残す作品に出逢えたのは久々である。え! まさかこの作品で…というところが映画ならではの面白さだ。 . . . 本文を読む
コメント

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

2016-12-16 | 2016年に観た映画(ら行)
今作を観終えた直後のまさかの年末の大悲劇に驚いてしまったが、 あのシリーズ幕開けのあの名シーンに巧く繋げてきたラスト何分 かの余韻は、例えばシリーズを全く観たことのない観客に新たな 鑑賞意欲を沸き立たせるのに成功している。スピンオフとはいえ、 こんな歴史があったのか…と名もなき戦士たちの働きあってこそ の大事業成功への道筋といった感じ。個人的には予想よりも平板 なストーリー展開で中盤もたついた感じ . . . 本文を読む
コメント

「ドント・ブリーズ」

2016-12-16 | 2016年に観た映画(た行)
息もできないくらいならいっそ死んでしまえ!と元も子もない 発言をしたくなるような作品だったが、そもそもどんな理由が あるにせよ、彼らは盲目の老人から大金を盗もうとする強盗犯 なのだから肩入れのしようがない。そしてエ?と思うほど強い 老人の方もすごい秘密を隠してる。あーあー(^^;どうなんだろ これって。。と善人皆無の展開に喘ぎそうになるけど、さらに しつこいほどのルーティンを繰り返し見せ、死んだと . . . 本文を読む
コメント

「海賊とよばれた男」

2016-12-10 | 2016年に観た映画(か行)
原作は読んでいないので比べようがないが、今作のモデルが 出光興産の創業者ということで俄然観る気が沸いた。戦後の 石油事業の発展を築いたいかにも日本人らしい男の生きざま。 明治~昭和にかけての世界情勢と共に歴史のお勉強もできる ので大河ドラマを見ている感覚で楽しめると思う。岡田君が この役に相応しいかどうかは人其々だろうけど(^^;彼の熱演 と監督のVFXは勢いだけでもまさに海賊という感じがした。 . . . 本文を読む
コメント

「アズミ・ハルコは行方不明」

2016-12-03 | 2016年に観た映画(あ行)
なんという閉塞感に包まれたアズミハルコの日常。この暗く 陰鬱な日々を見せられるだけで、あぁ私だって姿をくらまし たくなるわいと吠える女性陣が多そう。とはいえ…実際には こんな社会で這い蹲って我慢しているのが大勢を占める女性 の気持ちを代弁するかのようにやりたい放題。特に男を殴り 蹴りまくる謎の女子高生集団の勇ましく恐ろしいこと!異様 な作品に違いないけれど、観たことのない斬新な展開が凄い。 主演を . . . 本文を読む
コメント

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

2016-12-01 | 2016年に観た映画(ま行)
まさに夢見るふたり(三人?)の映画に間違いなかった。 夢はいつかは叶うものだと信じて頑張る人々は多いけど その応援歌…になれば幸いの味わい深い作品。メリルが ご本人完コピ音痴を延々披露するのは段々耳慣れてくる。 上手い下手というのは好き好きで例えば俳優の演技なら 味わい?ということになるのかしらなんて思ったりした。 更にそこにお金を払うことに関しては観客が決めること であり、評価する他人がどうのこ . . . 本文を読む
コメント

「箱入り息子の恋」

2016-11-30 | 2016年に観た映画(名画座・他)
この市井監督が髭男爵の元メンバーであったことをあとで知り それでお笑い系と思ったのは言うまでもないが(^^;、傷ついた 大人達を涙腺地獄へ追い込む描写は非常に巧い。今作の健太郎 のキャラが某ドラマの平匡さんと酷似しているのも何かの縁? だろうか…星野源が絶妙な童貞男を快演。あまりのハマり具合、 相手役の夏帆の可愛すぎる仕草や表情、愛し合う二人がなんで 結ばれないの!?と腹の立つ展開がしつこいほど続 . . . 本文を読む
コメント

「ぼくらの家路」

2016-11-30 | 2016年に観た映画(名画座・他)
まず浮かんだのがあの「誰も知らない」。親になれない母親が 遊びまくる代償を子供が負う。この子が大きくなった時、母親 のことをどんな風に扱うのだろうかと当初から気になっていた。 育児放棄は今に始まったことではないが、子供は親を選べない。 もし自分の親がダメならば、保護者役にならなければならない ことは小さい頃から身に染みて分かっている。だからジャック には同世代の友達ができず、馴染めない施設ではイジ . . . 本文を読む
コメント

「サンシャイン/歌声が響く街」

2016-11-30 | 2016年に観た映画(名画座・他)
バンドの名曲をフィーチャーしたヒット・ミュージカルの映画化。 ああ、それで…と頷ける場面が満載だが、好き好きは分かれそう。 家族や恋人たちに訪れる悲劇や傷心からの再生を歌にのせて描く 手法も描かれる物語自体も特に新味はないが、舞台となる田舎町 リースの景色には癒される。とはいえこの町の持つ社会的な側面 がチラホラ描かれ縛りの多さにも溜息が出る。新たな展開を受け 入れつつ家族の絆を守ろうとする妻の決 . . . 本文を読む
コメント

「最愛の子」

2016-11-30 | 2016年に観た映画(名画座・他)
中国で頻発する人身売買目的の幼児誘拐、息子を誘拐された実親 と誘拐されたとは知らずに育てた育親の運命が前後枠で描かれる。 実話ベースの辛く報われない話なのだが、息子役の好演と育親を 演じるV・チャオの演技に恐れ入る。エ?これが彼女?と思う程。 血の繋がりは勿論、子供を奪われた親の気持ちは計り知れないが 夫の子供と信じて愛情を注ぎ続けた育親の元へ帰りたがる息子を 前にアタフタ、育親は育親で何とか子供 . . . 本文を読む
コメント

「疾風ロンド」

2016-11-26 | 2016年に観た映画(さ行)
予告は確かにふざけていたが、まさか東野圭吾原作なんだからと タカをくくっていたら本当にそのまさかが当たってしまった作品。 いや、まぁ…阿部ちゃんは確かに似合っているし、以前やってた ドラマや映画のキャラも踏襲している。監督があまちゃんなどを 手がけてきた人なので納得といえばそうか。劇場は終始オバサン たちの笑いの巣窟と化し、あっちでゲハゲハ、こっちでアガアガ、 どんな生物と一緒に鑑賞しているのか分 . . . 本文を読む
コメント

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」

2016-11-26 | 2016年に観た映画(は行)
アカデミー賞に輝いた短編を元に、主人公ローレルが愛する女性 に自身の遺族年金を残したいと訴えたことから始まる苦難の物語。 なぜ同性には認められないのだろう、事実婚を届け同居している 二人はどう考えても夫婦といっておかしくはない。それでも郡は 簡単に決定を覆さない。攻防を取り巻く支援団体や友人同僚らの 協力を含めやがて全米を巻き込む問題となっていった経緯を詳細 に描いていく本作だが、並行してローレル . . . 本文を読む
コメント

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

2016-11-23 | 2016年に観た映画(は行)
全世界待望の新シリーズは、ローリング女史自らの書き下ろしという ことでゆったりと話が進んでいく感じ。余裕のある展開になっている。 新主人公のニュートの独特なキャラは若干イラっとする場面も多いが、 おどおどした態度で母性本能をくすぐる人見知りタイプで某ドラマの 主人公のような性格?秘密を含め今後の活躍が大いに期待できそうだ。 しかし何より愛らしいのは逃げ出した魔法動物たちと、突然魔法界で 協力を余儀 . . . 本文を読む
コメント

「聖の青春」

2016-11-19 | 2016年に観た映画(さ行)
原作は読んでいないが、鑑賞前にNHKの特集番組を偶然見た。 涙がポロポロと零れた。彼のことを全く存じ上げていなかった 私だがこんなに将棋が好きで好きで命懸けの青年がいたことに 驚いたし、その青年が最期のインタビューで見せた笑顔の裏で 相当悔しかった筈なのにあのコメントを言った事に恐れ入った。 正真正銘のライバルだった名人羽生善治との対戦も良かったが、 彼ら二人が腹を割って話す姿も印象的。心底負けた . . . 本文を読む
コメント

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」

2016-11-19 | 2016年に観た映画(か行)
ガンダム好きの友人の付き合いでついにここまできたけど、 私のように全く観てこなかったリアル世代にも分かり易く 説明付きで冒頭から始まるのが(ヤマトと同じだねぇ)いい。 ファースト世代には謎だった部分の解明があったりと見所 満載のようで、いかにも昭和チックな展開も私ら世代には 観易い。ただ同じ声優の声が嬉しい反面で違和感がある(^^; (前回と今回は結構控えめな感じが。次回でドンとくるの?) ★ . . . 本文を読む
コメント