気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

ZRX1200S ブレーキパッド交換

2013年03月31日 | バイク整備
少し前から ZRX1200のブレーキパッドの残りが気になっていて
近いうちにストレイガに持ち込むかもしれないということで 交換しました。

チェーンの点検もやりたかったので

メンテナンススタンドで立ててから始めることにしました。

用意しているパッドはこれ

RK製のいちばん安いパッドです、品質、性能は純正品相当くらいです。

新しいブレーキパッドは

当然ですが角は作られたままになっています。

このままでは初期の食いつきで鳴きが出る可能性があるので

前後の角を少し面取りして準備しておきます。

ブレーキキャリパーを外すとこうなっています、

ブレーキダストで真っ黒、パッドの残りはあと1mmくらい
この時点で25000キロ走行なので、まだ3000キロくらいは走れそうです。

背面のカバーも

内側はブレーキダストで真っ黒

そのまま組んでも問題ないのですが

一応、できるだけブレーキダストを除去して組むことにします。

キャリパー内部のブレーキダストを可能な限り除去してから

新しいパッドをキャリパーに取り付け、車体にキャリパーを取り付けて
ブレーキパッド交換は終了です。

私はなるべくパッドグリースは使わない事にして
少し走って 鳴きが出たときに再度分解して塗ることにしています。

チェーンの油分が少ない感じだったので 最後にチェーンを給脂します。
ここで、モーターサイクルショーの時手に入れた
エーゼット製の小さなグリスガンが大活躍しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリッカー用 ストレイガ製チタンエキゾースト 6

2013年03月30日 | ストレイガ
今日、ZRX用のサイレンサーとトリッカーのエキパイの話で
バイク屋さんに行ってきました。

トリッカー、セロー250、XT250X用チタンエキパイの価格が決まり
予約受付が開始されました。
ヒートガードが標準装着されているので 他のエキパイより少しお高く
送料込みで43050円に決定です。

エキパイだけでそんなに変わるの?と思うのが普通ですからね。
今まで試作品が3本存在して インジェクション・トリッカー
キャブ・トリッカー、キャブ・セロー250に装着されており
どれも装着前とは激変して、オーナーを驚かせています。

でも、やっぱり乗ってみなければわからないということで 希望する方がいたら
私のトリッカーを試乗車として使ってもらう事になりました。
当然、上記3車種のオーナーのみとなりますが
変貌ぶりを味わいたい方は バイク屋さんまで問い合わせしてください。

取り扱っているのは横浜の「モータースポーツファクトリー・アローズ」
茅ヶ崎の「ファクトリー・まめしば」の2ヶ所
どちらも、ネットでGGCマフラーをググルと上位に出てくるので
簡単に検索できると思います。

でも、ストレイガ製のエキゾースト付きの車両を試乗した人は
あまりの変貌に驚き、8割以上がその場でオーダーするのも事実ですから
試乗するにも それなりの覚悟が必要です。

発進して5mも走れば違いが判りますから。


ZRXのサイレンサーは
ナサートのエキパイに合わせて作ってもらうワガママ仕様は
小林さんの了解を得ているのですが、
よく考えると、サイレンサーだけ換えても特性が劇的に変わるとは思えないので
フルエキを作ってもらえないかと 聞いてもらうことにしました。

仕様はこれから詰めていきますが
どういうマフラーを作ってもらえるかは 決まり次第書きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モーターサイクルショー

2013年03月29日 | バイク
先週行ってきた東京モーターサイクルショーで
気になったバイクをいくつか載せます。

タイトル写真はモトGpチャンピオンマシン ヤマハ・YZF-M1
ゼッケン99 ホルヘ・ロレンソのマシンです。

ヤマハブースに新しい3気等エンジンが展示されていました

非常にコンパクトで まだ試作エンジンらしく
オイルパンにカッターで削りだした跡が付いています。
あまり人気が無いのか、写真撮っている人いませんでした。

MV・アグスタ

なかなか良いバイクですが、気楽には乗れなさそうです。

ボスホスのブースには

巨大なトライクですが、V8・7L 3輪だと
モーターサイクルではないでしょう。

ちゃんと二輪バージョンもあります

身長が2mくらいあったら乗ってもいいかな。
ハーレーでさえ私の体のサイズに合わないんですから、これは無理
両手両足伸ばして乗ったらダサいでしょ。

今回、新しいアメリカンがありました

ヴィクトリーだそうです。

ハーレーと同じVツインです

ハーレーよりのっぺりしたシリンダーのデザインです。
メカニカルな感じが全くないのが好みの分かれるところでしょうか?

アメリカンですから 当然カウル付きモデルもありました

歴史が無いメーカーなので、デザインでハーレーと差別化している感じです。

あと もうひとつのアメリカンバイク

インディアンです。
エンジンのデザインは古いハレー パンヘッドみたいです。

こちらは ハーレーでいうところの

「ロードキング」に相当するモデルでしょうか
ハーレーにある 大きなカウル付きのツアラーはインディアンにはありませんでした。
エキパイの取り回しもエンジンを隠さないよう配慮されています。

最後に ハーレー

見慣れているせいか、いちばん自然に見えます。

インディンとヴィクトリー、いったいどんな乗り味なんでしょう。
デザインだけで選ぶならインディアンでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車

2013年03月27日 | 日記
今週末はFJもですが、通勤に使う自転車の整備もすることにしました。
幅2.5cmのタイヤが付いたクロスバイクなのですが
先週、前カゴとキャリア付けたらママチャリみたいになってしまいました。

今回はペダルの中心軸(ボトムブラケット)を交換する予定です。
部品は完成車外しの新品を手に入れてあります

これは「シマノ」製のほう

消耗部品だということで

もう1個 「タンゲ」製も

サドルも駄目になっていたので

こちらも新車外しの部品で、GTのロゴ付きです。
シートポストは 以前手に入れていたものを探しだしました。

自転車は部品を外すのも 専用工具が必要です

これはクランク(ペダルのアーム)を外す工具
スパナをかけて使用します。

あと、ボトムブラケットを外す工具も手に入れて 明日届く予定です。

結構な需要があるのか 工具は思ったよりお安く手に入るので助かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モーターサイクルショー 日曜日

2013年03月24日 | 日記
今日は朝いちばんから家族でモーターサイクルショー行きました
駐車場は西棟屋外駐車場を使ったので 屋外イベント会場のまん前です。

今日は屋外イベントを中心に見ることにしました

息子は カワサキの忍者400の試乗していました。

大型は気に入ったモデルが無かったので試乗しませんでした。

トライアルのデモをやってました


国際A級 野本佳章選手のバック・フリップ(バク宙)です。


今回の展示物で いちばん気になったバイクはこれ

モンキーに見えますが

全体のサイズがオリジナルの2/3くらい

2歳くらい、伸長100cmくらいの女の子が跨ってこのバランスです。

ちなみに・・・

伸長170cmが跨って
体のサイズが同じくらいになるよう縮めた写真にすると こんなバランスになります。
シートが膝より低い位置にありました。

ただ、お値段が3680000円です。
桁が間違っていると思いましたが、間違いなく1台368万円だそうです。

中国製ではなく すべての部品を手作りしているのでこの値段だそうですが
何処で作ろうと「モンキー」ではありませんからね。
さらに、ちゃんと走るのですが、法規上は装飾品で公道走行は出来ないとのこと
このお値段をどう思うかは、個人の価値感で決まるのでしょうけど・・・
同じお金出すなら 私は公道を乗れるバイクを4台のほうが良いな。

そしてKTMブースにあった

390DUKE です。
車体は125DUKEと同じなので非常にコンパクトです。
少々出来が悪くても この車体サイズで排気量が390ccもあれば
そこそこ走るんでしょうけど、速すぎて面白いんでしょうか?

私は 買うなら200ccのDUKEがいいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FJ1200用フューエルポンプ

2013年03月23日 | バイク整備
この前の整備のとき動かなかったFJのフューエルポンプですが
バイク屋さんに予備の部品を借りることが出来ました。

借りたのはFZR750用ですが、形状は同じです
FZR1000(2GH)用はFJ1200(3CV)用と同じ部品番号でしたが
750用は専用部番になっているので 吐出量は少し少ないかもしれません。
元々FJ1200は アウトバーンを全開で走れるように出来ています。
時速250キロで連続走行するのは無理かもしれませんが
日本で使う分には少々吐出量が少なくても問題ないと思います。

FJ1200のフューエルポンプは右サイドカバーの内側

この位置に付いています。
今日撮った写真ではありませんが 交換も難しくなさそうです。

バイク屋さんから招待券を頂いたので
明日は またモーターサイクルショーに行く事になりました。
FJのフューエルポンプは今月中に時間を作って交換に挑みます。

バイク屋さんから 小林さんに伝言を預かりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツーリングに行ったのですが

2013年03月23日 | バイク
今日は伊豆方面に行く予定で家を出たのですが
箱根峠を通過して伊豆スカイラインに向かったところで
息子のGSX-R400のクラッチワイヤーが切れました。

バイク屋さんに連絡すると お迎えに来て頂けるとのことで
そのまま入庫になりました。

時間があったのでいろいろチェックしてみると
他にも駄目そうなところがたくさん見つかりました。

まとめて修理をお願いしました。

先週までは大丈夫だったのですが。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モーターサイクルショー NGCエキゾーストシステム展示

2013年03月22日 | NGC
予定どおり今日は会社を休んで東京モーターサイクルショーに行ってきました
入場口から会場に入ったら真正面が「モトコルセ」のブースです。
ちょうど裏側にある位置に「NGCコーナー」が出来ていました。

聞いていたとおり 台の上にZ1000Rが置いてあります

もちろんNGCエキゾーストシステムが付いていました。

エキパイ部のアップ

太いエキパイ、手曲げならではの美しい曲線が迫力満点です。

リアビューです


NGCの証 七つ星インナーサイレンサーが見えます


もちろんNGC刻印入りです


そして この方が

NGCエキゾーストシステム生みの親「伝説のマフラー職人」
ストレイガの小林さんです。
単気筒シリーズのエキパイを持って ?マークでポーズとってもらいました。

今まで、MotoGPマシンをはじめ、数々のレーシングマシンのマフラー製作者
神と崇める人までいる方に こんな事させて叱られそうですが
快く承諾していただけました、笑顔に小林さんの人柄が表れています。

会場を一回りして 結構気になったバイクが何台かありましたが
それは後日 写真を整理してからブログ書きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京モーターサイクルショー

2013年03月21日 | バイク
明日から3日間 東京モーターサイクルショーです。
お気楽サラリーマンの私は もちろん有給休暇取りました。
明日は午前中がプレス公開で 午後からの一般公開に合わせて行きます。

小林さんは 3日間通して「モトコルセ」ブースにおられるとの事
ご挨拶に行かなきゃ・・・

去年、NGCマフラーが付いて展示されていたのは1100刀でしたが
今年はZ1000Rだと聞いています。
人が少ない時にたくさん写真撮って いち早くバイク屋さんに届けます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕時計

2013年03月19日 | 日記
2月に出した時計が分解整備を終えて帰ってきました。
機械式の時計を長く使うには3~5年に一度分解整備をする必要があります。
ちゃんと手入れすれば50年以上使えるので エコなんですけどね。

腕のよい職人にお願いすると 精度良く調整してくれます。
この時計、高い時計ではないので整備に出す前は日差が-15秒だったものが
先週末から4日間着けて、+2秒、1日あたり日差+0.5秒になっていました。

高級な時計って 時間が狂わないと思われがちですが
機械時計の最高規格「クロノメーター規格」でさえ
平均日差-4~+6秒ですからね、クォーツとは比べものになりません。

息子達には「年収の1/10くらいの時計を持ちなさい」と言っています。

この2個は今回一緒に整備に出した長男の時計

黒いほうは 息子が社会に出るときに私が贈った時計で
青いほうは 私が言った意味が理解できたと言って自分で手に入れた
そこそこのお値段の時計です
私が言ったとおり ちゃんとした時計を持っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加