気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

カブ用メインスイッチを分解してみました

2015年02月25日 | カブ
手持ちのキーセットの中に 分解しても惜しくないメインスイッチがあります

キーの差し込み口が壊れている上に
セットになったハンドルロックを他のセットに使えるようにして
キーセットから外したものです。

一見するとバラす事が出来ないような構造に見えますが

実はシリンダー外筒後ろにある嵌め込み部分を慎重に外すと
ケーブルが付いた後蓋を外すことができます。

その後、接点が付いた白い回転子を外すとキーシリンダーにアクセスでき
キーを差し込んだ状態で シリンダーの固定プレートを押し込むと
外筒からキーシリンダーを抜き出すことができます。

これが取り出したキーシリンダー本体

キーを抜くと、ピンが抜けてしまうのでこの状態にしておく必要があります

適合したキーを差し込んでいるのでピンは全部引っ込んでいます
一番先端の出っ張っているのが外筒にシリンダーを外筒に固定しているプレート
これを、後ろ側から細いマイナスドライバーを使って引っ込ませた状態で
キーシリンダーを抜き出す訳です。

このキーシリンダー、蓋が無いのでもう使いませんが
配線が付いたエンドプレートや 中の回転子、シリンダーのピンは
他のキーシリンダーを組み変えるときに使えるので取っておくことにします。

私、鍵屋さんではありません
でも、鍵の構造を知りたいので分解したまでです。
ハンドルロックもそうでしたが、キーシリンダーをこの状態に出来れば
手持ちの鍵の組み換えも可能なことが判りました。

何かあった(困った)時に ピンの組み換えを試してみようと思います。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブ用 メインスイッチ修理完了 | トップ | ロードスターを車検に出しました »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カブ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事