気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

妙高高原 スキー旅行 3日目

2017年02月22日 | スキー
今回のスキー旅行も最終日、3日目は滑らずにゆっくり帰路に付きます
とは言っても、朝いちばんの仕事は「雪かき」に変わりありません。
積雪量は30センチというところでしょうか?2日目より少し多いです。

まず、入口を確保

この時点でエンジンを始動させ、車体全体を温め始めてから掘り出し始めます。

ここまで掘り出すと

走り出せる準備は完了

外車のセダンでスキーキャリアなんてダサいことしたくないので
スキー道具は全てトランクの中 スキー車には見えません。

上信越道は長野市内までチェーン規制が出ているので
高速走る意味が無いと判断して下道を走ります。
長野道(松本)方面はチェーン規制が出ている区間があるみたいなので

上信越道→R141を走ることにして長野ICから高速に乗り

松代PAで最初の休憩

遠くに見える雪山は白馬連峰
次はそちら方面も良いかな?と 思っています。

佐久から中部横断道路(無料)に入って南下

正面に「八ヶ岳」が見えてきました。

R141に出て清里方面に向かいます。

清里に出る前の休憩場所として停まったのは

小海線の「野辺山駅」

とんでもない秘境駅かと思いきや、なかなか綺麗な駅で
乗り降りする人も結構いました。

ちょうど上下線の列車がすれ違うところに遭遇
「撮り鉄」ではないのですが、せっかくの機会なので1枚撮っておきました。

駅の向かいには公園があり

先に八ヶ岳の絶景を見ることができます。

チェーン規制を避けて選んだルートですが
せっかく清里を通るので お昼は甲斐大泉で食べることにします

観光ルートの「八ヶ岳ライン」に入ったところは轍の部分だけ雪が無い状態

少し下って「赤い橋」のあたりはこんな状態でした。

ここまで来たら お昼ごはんは、もちろんカレーにします

甲斐大泉にある「ヴィラ・アフガン」

このあたりまで下ってくると雪も少ないのですが

この時期 バイクで来る勇気はありません。

お店の入口まで来ると

先に入ったお客さんが2組 1階で待っていました。

すぐに呼ばれて2階に上がりますが 店内は空いています
席がいっぱいになったので待たされていた訳ではありませんでした。

オーダーは

私が「牛すね煮込みカレー」の 辛さC(とても辛い)のライスL

女房が

「ショルダーベーコン+エッグカレー」の辛さA(普通)のライスM

どちらも結構なボリュームです シェアして美味しく頂きました。

美味しく食べたところで 混む前に帰路につきます

須玉ICから中央道に乗ることにして 県道を下っていきますが
途中で きれいな富士山の姿を見ることが出来ました。

須玉ICから中央道に乗り

双葉SAの手前で富士山が正面に見えます。

いつも思う事ですが
富士山が見えると「帰ってきたなぁ~」と・・・

境川PAで最後の休憩を取りますが

帰り道にずっと気になっていた
ヒコーキ雲を撮ってみました。

高速はまだ渋滞しない時間なので そのまま圏央道に入って
海老名ICまで走ります。

今回のスキー旅行も 高速を使う時間を考えたので
いつものように 渋滞に並ぶことなく走ることができました。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妙高高原 スキー旅行 2日目 | トップ | ショウエイ・Xイレブン用 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む