気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

カブツーリング後の後片付け キャンプ用シュラフ その2

2016年10月19日 | カブツー
次のカブツーリングに持っていこうと思っているシュラフ
カブに積む場所はこのサイドバスケットでしょう。

ということでサイドバスケットに積む用に持っているバッグに

こんな感じでジュラフを入れて
実際にサイドバスケットに入れられれば良いわけです。

まずサイドバスケットにバッグを入れ

大きいほうのシュラフから押し込んでいきます。
硬いものじゃないので比較的簡単に入れることが出来ました。

大きい方のシュラフを入れて

残った上のスペースに小さいほうのシュラフを入れてみます。

問題なく入ってバッグの口も閉じることが出来ました

これで、耐寒温度2℃と耐寒温度10℃のシュラフが入った訳で
寒い日は、薄いほうをインナーシュラフとして使用すれば
10℃以下の気温でも快適に寝ることが出来ると思います。

この2個のシュラフを入れても、バッグの中は少し余裕があります

この部分に1日分、小さなシュラフの横にさらに1日分の下着セット
もう片方のサイドバスケットに他の着替えを入れるようにすれば
リアボックスには着替え類を入れないでも済みそうです。

次の北海道キャンプツーリングは何年後になるか判らないけど
考えている時がいちばん楽しいものです。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GSX-R400R ラッキ... | トップ | 発熱中 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む