気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

年明けてから カブにしか乗ってません

2018年01月15日 | カブ
転職して 通勤経路が横浜市内を西→東に横断するルートになって
1日40kmくらいは走っているわけですが

どんなバイクを乗っても満足する私としては 当然カブでも満足出来るわけで
通勤でカブに乗るだけでも充分なのかも?って思っているんだけど

でもね、
横浜市内でもカブに乗っていると 希望ナンバー付けた御立派なFFミニバンや
200万円を越えるような お高い軽自動車に煽れてしまいます。

そういう人から見ると スーパーカブに乗っている人間って
カブにしか乗れない貧乏人に思えるんでしょうか?

私が仕事で乗っているのは 総重量20t越えの大型車だから
御立派なFFミニバンも お高い軽自動車も
いつも運転席から見下ろしている「ちっち~ゃいクルマ」だし
さらに、我が家には四輪車が5台あるので 全然羨ましく無いんだけどね。

って、いつもの愚痴は置いていて

昨日、1月14日の夜勤明けに見た富士山と

私のカブ70

人間の目って自分では気づかないけど 脳の画像修正機能が働いて
実際に見える景色より自分で見たいと思う部分が強調されて見えます。

だから富士山も

人の目には こんな感じで映ったりします。

嘘だろ? って思う人には
私がいつも見ている こんな風景を見て欲しいんだけどなぁ・・・

年が明けて「いちばん良い富士山が見えた・・・」って 思いましたね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブ70 メンテナンス

2017年11月17日 | カブ
私の青いカブ70、ツーリング専用だったのですが
転職してからは ほぼ通勤専用車と化しています。

先月末からメカノイズが気になってきて・・・
考えられる原因は エンジンオイルの劣化によるエンジン内の音と
チェーンが伸びたことによる音

今回は両方っぽいので、どっちも整備します。

まずはオイル交換ですが

100円ショップで売っているボウルに レジ袋を敷き
中にトイレットペーパーをほぐしたものを入れ 直接これに受けて
可燃ゴミの日に他のゴミと一緒に出します。

エンジン下のオイルドレンボルトを抜くと

予想通り、かなり汚れたオイルが出てきました。

オイルが抜けている間にチェーンの整備です

下側のチェーンカバーは この2本のM6ボルトで固定されています。
10mmレンチを使って緩め、カバーを外します。

カバーを取ると

見ただけで ダラダラに伸びたのが判るほどの状態

当然、グリースも劣化しているわけで

まずは、古いグリースを除去することから

グリースは

エーゼット社製の脱脂洗浄剤 これを使って落とします。
オートバイのシールチェーンにも使えるとの表記があります。

チェーンに洗浄剤をスプレーして

ウエス(ボロ布)で拭き取ったところ

これに、市販のリチウムグリースを

小さなグリースガンで左右のプレートの間に入るよう乗せていき
指で伸ばしてチェーンに馴染ませます。

これが私が使っているリチウムグリースとグリスガン

グリースは 何処のホームセンターでも200~300円程度で売っています
グリスガンを手に入れる前は 直接指に取ってチェーンに塗り込んでいました。

グリースを乗せるのはチェーンが輪になったとき内側になる部分
外側には遠心力で広がるので大丈夫です。

ここまでやったところで チェーンの張りの調整

リアアクスルボルト用のナットは、年式により17mmと19mmがあり
自分の車体にあったサイズのレンチを使い1/6~1/4回転ほど緩め
ハブの固定ナットは年式に関係なく23mmのレンチで同じくらい緩め
チェーン引きのナットを必要なだけ締めこんで チェーンを張ります。

チェーンの張りを調整する前



から

調整後



見た目はわずかですが
実際に手で触ると、見た目以上に張りが強くなったのが判ります。

チェーンの調整が終わったら

チェーンカバーを元通りにもどしておきます。

この間に充分オイルが抜けたので

オイルドレンボルトを取り付けて
いつもの(安い)オイルを これくらい入れます。

この安いオイルをずっと使っていて トラブルは一度もありません。
私が使っているオイルの銘柄を公表すると困る人もいるので止めておきます。

抜いたオイルは

レジ袋の口を閉じて
明日、土曜日の可燃ゴミの日に出すことにします。

自分自身の記録として

メーターの写真を・・・

カブの場合、私は約1500kmでオイル交換をしています。
普通に考えると3000kmごとですが、私が持っているタイプのカブだと
オイル消費がかなり多く、3000kmも走るとオイルが全部無くなります。
いろいろ考えて、1500kmというのがベターだと思っています。

今付いているチェーンは、走行約6万kmを超えた時交換したノンシール強化チェーン
その前の交換がメーター読み1万kmくらいだったので
前のチェーンは、私のメンテナンス方法で5万km以上使えたことになります。
今付いているチェーン、5万kmは無理としても あと1万キロちょっと
メーター読み10万kmくらいまで使えたらいいなぁ・・・

この、私のチェーンメンテナンス方法が間違っているかどうか?は
個人の考えで判断して頂ければよろしいかと思います。
もし間違っていると指摘されるなら
カブのノンシールチェーンを実際に5万km以上使った実績がある
他の正しいメンテナンス方法があったら教えて頂きたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から冬装備

2017年11月13日 | カブ
最低気温が10℃を切るようになったので
通勤カブに乗る服装を冬仕様に変えました。
ヘルメットはこの前買ったOGK製のカムイ2を使うことにして

上着とオーバーパンツ、グローブを冬用にします

A面

そして

B面

とてもカブに乗る装備には見えませんが
私にとってはカブもZ2もZRXも 同じレベルの「大事なバイク」なので
乗るときの服装も変わりありません。

会社に着いて

カブは屋内の駐輪場に停めて

上着とオーバーパンツは

ジャケット(カッパ)用ハンガーにかけて

ヘルメットとグローブは

専用の台があるのでそこに置いて

上に着る服だけではなく

もちろん靴下も2枚重ねとします

今日の気温だったらこの装備で全く寒さを感じませんでした。
今年の冬はこの装備での通勤の予定
さらに寒くなったら上着の下に 使い捨てカイロ入れます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブ用 リアタイヤ入手

2017年11月02日 | カブ
私のカブ 履いている基本タイヤは前後共ミシュラン製のM35

フロントは2.25-17 リアは2.50-17を履いていますが



この青いツーリングカブだけ リアにブリジストン製を履いています。

銘柄はあまり気にしていませんが

プレス・カブ等に履く用の 耐久性重視のモデルみたいです。

プレス・カブ用だけあって 耐久性は抜群で
ドライ路面でのグリップ感もそこそこあるんですが
雨降ったときに 路面のペイント(白線)で滑るような感じがありました。

いつも履いているミシュラン製のM35は 雨の中でも滑ったという記憶が無く
耐久性はいまいちなんですが、それなりに満足しています。

先週末、ナップスヨコハマに行く用があって

まだ履いたことが無い カブに使えるサイズのタイヤが売っていました。

メッツラー製で

サイズは リアに履ける2.50-17

銘柄は

クラッシック・ME22でしょうか?

トレッドパターンは

こんなです。

ビジネス用っぽくない 今風(?)のタイヤパターンですが
水はけも良さそうだし 組み込む時のローテーション方向も指定があるわけで
今使っているタイヤより ちょっと高級な設定なのかも?

とは言っても 使ってみなければ評価は出来ないわけで
機会があったら履いてみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝からカブの整備です

2017年10月30日 | カブ
私のツーリングカブ
ボロだけど それなりの完成形なので満足しているんですが

サブタンクのブローホースに

安物の耐油チューブを使っているし
取り回しが悪くてちょっと気になっていました。

そんなわけで手に入れた

キジマ製の燃料(ゴム)チューブで 少し外径が細いタイプ
これを使って新たなブローホースを設置します。

サブタンク周りの取り回しは同じですが

ここから ベトキャリの間を通して車体左側にホースをもっていきます。

左側にする理由は・・・
車体右側だとエンジン横にエキパイがあって、もしもの時に危ないから

左側に持ってきて

レッグシールドの隙間から キャブのブローホースの傍を通します

ブローホースの下側は

キャブからのブローホースの固定金具に
タイラップで固定しておきます。

少量ですがサブタンク内で気化したガソリンがブローホースの先端で冷やされて
液化するわけで、そのガソリンがレッグシールドに垂れたあとがあって
それが気になっていたのですが これで大丈夫でしょう。

10時になったらお店が開くので これから少しお買い物に行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士吉田まで お散歩ツーリング

2017年09月15日 | カブ
日曜日にお休み取れたけど
あだたらカブミーティングは 時間的に無理そうなので参加を諦めた代わりに
今日、富士吉田までカブで走ってきました。

いつもの

青いカブ70です。

富士吉田までは まず宮ヶ瀬に寄って道志道→秋山→都留経由とします

伊勢原市内、R246に出るところの交差点の上に新東名の高架が工事中です。
いつ開通するのか?もですが 私は開通してもどれだけ利用できるのでしょう?

宮ヶ瀬湖

水がかなり減っています
でも、神奈川県は水不足の話が出てないので大丈夫なんでしょうけど。

鳥居原の駐車場

今日はバイクも5~6台しかいません
良い場所に置いて写真撮れました。

道志道から藤野町に抜ける山道の道の脇に

彼岸花(曼珠沙華)が咲いていました。

上を見上げると

胡桃の実があります。

足元には



鬼グルミ



暑い暑いと言いながらも
季節は確実に進んでいるのを感じました。

富士吉田市内「富士みち」を富士山に向かって登っていくと

左側に駐車場があるのに気づきました

トイレを貸してもらって、無料休憩所に近づいていくと
どうぞ~ という声と共に扉が開き

中で 麦茶とお菓子を頂きました。

この施設、富士講の御師(富士山信仰の指導者)

外川家住宅の見学のための駐車場と無料休憩所らしいです。
富士みち沿いには 他の御師の屋敷もあります。

お昼は富士みちから1本入ったところにある

手打ちうどんムサシで

いつもの

ムサシうどんとゆで玉子 美味しく頂けました。

実は、富士吉田から山中湖あたりは結構寒かったです。

帰りは須走からR246に出て
山北から南足柄を抜けて小田原市内を通って東海道を東に向かいます。

眠気が襲ってきたので セブンイレブンで一休み

コーヒー片手にカブの脇に座って一瞬目を閉じたと思っていたら
目を開けたとき 横に停まっていた車が変わっていました。
自分では一瞬と思っていたけど 実は10分以上経っていたのかも知れません。

小田原市内で 農産物直売所で

茄子とオクラ 葡萄(藤稔)を買いました。


夕食の後に 葡萄を食べることになり

藤稔の粒がなかなかのモノだったので1枚
100円玉は 粒の大きさが判るように置いただけ、特に意味はありません。

今日は雨にも降られず 良いお散歩ツーリングでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あだたらカブミーティングに行けません

2017年09月14日 | カブ
今週の日曜日に開催される「あだたらカブミーティング」
行きたかったのですが、休みが取れたのが17日(日)だけ

前日の仕事が終わるのが午後9時の予定
あだたらカブミーティングに参加するには自宅を午前2時に出る必要がある訳で
時間的に無理なので諦めました。

転職してまだ3ヶ月目だし今月末には休み取って長崎に帰る予定なので
前後の日程を休むのは無理、仕方ありません。

台風の動きが気になりますが
参加される皆さん、楽しんできてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カブ70 軽く整備

2017年07月31日 | カブ
今日はお休みなので、昨日見つけた不具合を直しておきます。

不具合の場所はここ

レッグシールド 下部の固定ボルトが抜けて亡くなっています。

運良く

中の専用スペーサーは プラグコードで押さえられていたので残っていました
ボルトとワッシャーは汎用品でも大丈夫だけど
この部品はホンダ純正部品なので なくなったらたいへんです。

手持ち部品の中から

専用(純正品)のボルトとワッシャーが見つかったので これを使います。

所定の位置に取り付けて

修理完了です。

リアのGIVI製のボックス、なかなか使い勝手は良いのですが

中にパンク修理用の工具とチューブを積んでいるのでこんな状態
少し多目の買い物をしたら ちょっと困ってしまいます。

そんなわけで

リアのボックスを これに変更してみました。
しばらく使ってみて、邪魔なようなら元に戻します。

少しの時間だったのですが いちばん暑い時間だったので汗だく

我が家の風呂は24時間保温システムになっているのでいつでも大丈夫
汗を流して、エアコン効いたリビングでゆっくりします。

リアのボックスが替わったので

いつも使っているキーの束に付いていたGIVIの鍵が不要になりました。
赤い樹脂製のオリジナルのものと市販のブランクキーから削った予備品
ひとまとめにして しまっておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青いカブ70 サブタンク用燃料配管交換

2017年07月21日 | カブ
この前気づいた サブタンク用の燃料配管の硬化
ホースから少しガソリンが滲んでいるような感じ

このタイプの燃料配管の耐用年数は2~3年
カブにサブタンクを設置してから3年以上経っているので交換します。

昨日のうちに サブタンクの燃料を使い果たし
空にしておいたので すぐに作業開始が出来ます。

1サイズ細目のパイプを使っているし

完全に硬化していたので 口の部分をカットして取り外しました。

両方の接続口が見えるので このままでも交換出来そうですが

横着せず、サブタンクとレッグシールドを外してから作業します。

レッグシールドを外したのは何年ぶりでしょう

シリンダーヘッドガスケット部分からオイル滲みがあるのは判っていましたが
オイルに埃が付いて真っ黒になっています。

これから取り付ける燃料ホース(上側)
ワンサイズ太いのですが、こっちが純正と同じサイズ

取り外した燃料ホース(下側)は 完全に硬化しています

新しい燃料ホースを取り付けたところで

シリンダー部分の汚れをある程度落としておきます。
根本的は解決策はヘッドガスケットの交換しかない訳で
今回はそのまま組み直すだけなので これくらいで充分でしょう。

レッグシールドを取り付けますが

この車体も 純正の金具に換えて
私オリジナルのレッグシールド押さえ金具を使っています。
これはステンレス製なので 図面を描いて機械屋さんに作ってもらった物

アルミ製なら 自分で加工することも可能です。

ホースが少し長いので

ちょうど良い永さにカットして サブタンクに接続します。

燃料パイプの交換が終わり

元の姿に戻った 青いカブ70

最後に

燃料ホースの抜け止めと ホースの振れ止めにタイラップを付けます

車体のメインタンクは 燃料コックのRES側に接続
サブタンクは同じく燃料コックのON側に接続
この状態で燃料コックをOFF位置にすると ONとRESの配管が
燃料コック内で繋がります。

車体側メインタンク満タン、サブタンク空の状態でコックをOFFにすると

重力でガソリンがメインタンク→サブタンクに2Lほど送られます。

メインタンクの燃料をサブタンクに送ってから
実際に乗ってみて 燃料の滲みが無くなっていたら修理完了です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士吉田 平日カブツーリング

2017年07月20日 | カブ
平日3連休だったのですが 昨日まで快晴で
気温が上がるのを考えて出かけるのを躊躇していたんですが

今日は朝から薄曇り カブで出かけることにしました。

小田厚の側道を走り 花水川沿いを北上 中井町→松田町を通ってR246
小山町から三国峠経由で山中湖を目指します。

なんと、三国峠の上りの勾配が いちばんきついところは
私のカブ70だとローギアしか使えませんでした。

なんとか峠を越え

山中湖と富士山が一望できる「パノラマ台」へ
一瞬ですが、山頂の雲が晴れました。

山中湖畔に降り 富士吉田を目指します
お昼は「吉田のうどん」に決めていたんですが

今日は 日曜日が定休日だという

「美也川」と言う うどん屋さんに行くことにしました。
前から行きたかったところなので 期待度MAXです。

オーダーしたのは

肉天うどん ¥400
「吉田のうどん」には珍しく細めの麺で
薬味(辛味噌)は辛さより風味が強い感じでした。

お腹を満たしたところで、この前「たま」ちゃんと行った忠霊塔
もっと判り易い道が無いか探してみます。

R139の旧道(通称:富士みち)を富士山の方から大月方面に下ると
小室浅間神社の前で 不自然に「く」の字に曲がる交差点があり
そこを曲がらずに真っ直ぐ行くと 下吉田駅前に出ます。

道は線路に当たったところでT字路になるので 左折

道なりに行くと 駅の左側に小さな踏切があり 渡った先はまたT字路
ここからは「忠霊塔はあっち(→)、こっち(←)」という表示があるので
その表示どおりに行くと 忠霊塔の上り口に行くことが出来ました。

忠霊塔まで登ってみると

平日ということもあって 日本語を母国語としている人はいませんでした。

今日も富士山は見えなかったので早々の撤退
帰りは 山中湖→御殿場→箱根→小田原とします。

山中湖あたりは晴れていたので 国道を避け別荘地内を通る道を使います
木漏れ日が良い感じです。

御殿場からは 乙女峠を抜けて小田原に抜けるというルートを走りますが
平日ということもあり ガラガラです。

小田原を過ぎ

酒匂川を越えたところにあったマックで休憩

アイスコーヒー+マックポテトSをオーダーして
ゆっくり体を冷やしました。

帰りにガソリン補給

やっぱり値段上がってましたね

ハイオクだと

1L=130だったので 4円アップ

とは言っても カブに入るのは最大でも4L 誤差みたいなものです。


平日ツーリングもなかなか良いものだと 感じた1日でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加