気楽にいきましょう!

バイク好きオヤジのひとりごと

老後、長崎での暮らし(理想形ですが)

2017年06月29日 | 日記
30代後半からリタイヤした後の暮らしを考えていて・・・

その頃は今住んでいる横浜の家にずっと住む事を考えていたけど
今では その時と状況が変わっているのに伴い少し考えも変わってきています

既に横浜に持っている2軒の戸建住宅のうち1軒はリフォームして家賃収入を得
もう1軒の家は 長崎に帰っても完全に長崎だけに住むわけではなくて
1年のうちに数ヶ月、横浜に戻ってきたとき使えるように開けておく予定です。

横浜で四輪の車庫証明が取れれば ずっと横浜ナンバーのクルマに乗れるし
メインに暮らす地が長崎で、横浜に別宅を持っているという状態が理想かな。

都会と田舎では 家を持つ場所に求める環境が違うみたい
田舎だと車で動くことを前提にしているので 道の繋がりが重要みたいだけど
今横浜に暮らす私としては、長崎でも車無しで生活できることを優先します。
いずれは、免許を返納してクルマを運転しない日が来るわけなのでね・・・
最後の乗り物は 免許が要らなくて倒れない
そこそこの航続距離がある「電動アシスト三輪自転車」でしょう。

今の横浜の家は、最寄駅までほぼ平坦で歩いて10分ちょっと
区役所、郵便局、銀行、病院、食料品が買えるスーパーが全て徒歩10分以内
だから、長崎でもほぼ同じ条件が得られる土地を探しました。

長崎に買う予定の土地は、いわゆる市街地ではないけど上下水道も完備
最寄駅までは平坦で徒歩約5分、都会みたいに10分待てば電車に乗れる訳無いけど
隣街のターミナル駅まで列車(電車じゃない!)で行き、空港行きのバスに乗れば
空港までも1時間ほどで行くことが出来ます。

時間に余裕を持てば車に頼らなくても全く生活に困らないわけで
横浜市内で駅前のマンションに住むのと ほぼ同じ環境を得られると思います。

クルマで少し走った場所に外海に面した広い砂浜の海水浴場があり
私は「シー・カヤック」が出せる場所が見つかったのでワクワクなんですが
女房は「サーフィン」やれると言ってワクワクしています。

平日、週3日くらい 朝から海に出て・・・
それ以外の日はバイク(カブかな?)に乗って日帰りツーリングして
近くの温泉浸かって帰ってくるという 「超お気楽生活」も可能になります。

でも、長崎に住む人には私が求める環境を魅力的だと感じないのか
その地域には あまり人気が無いみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青いツーリングカブを街乗り仕様にします

2017年06月26日 | カブ
私の下道ツーリングマシンである 青いカブ70
ロングツーリングに使用することだけを目的に考えたので
街乗りするには少し大袈裟すぎます。

6月いっぱいで会社に行くのを終わりにして残った有給休暇で7月を休み
20日間ほど北海道にキャンプツーリングに行く予定で準備していたのですが
今勤める会社は 5日間以上の連続した有給休暇は取得させないし
残った有給休暇の買い取りもしないという
今までいろんな仕事をして知った会社のなかで聞いた初めての話でした。

「有給休暇を取りたければ職場の仲間に迷惑かけてください」ということみたい
つまり、とっても有給休暇が取得し辛い状況なので
ほとんどの人が何十日もの有給休暇を無駄にするんだろうなぁ・・・

そんな訳で、今年の夏に北海道に行くのを断念
ということはこのままツーリング仕様で持っていても乗らないわけで
街乗り仕様に組み替えることにしたわけです。

まずはサイドバスケット

金具は全てネジ止めなので簡単に外せます。

次はリアのボックス

100V電源が取り出せる設備や工具が積まっているのでかなりの重さ
この状態にすると かなり軽くなりました。

今、街乗り仕様になっているカブ50

今まで自宅から最寄駅までの通勤用に頑張ってくれたのですが
次の会社の場所は横浜の中心部だし職場までバイク乗り入れが出来るけど
最高速30kmと二段階右折では 横浜市の中心部では満足に走れないので
この先通勤でこのカブ50に乗ることは無いと思います

このカブ50のリアキャリア回りと前カゴを移植します。

で、青いツーリングカブ70は

こんな形になってしまいました。

レッグシールドは「カブラ」シリーズ用ですが 雨避けの形状なので残し
ステンレス製のサブタンクもそのままです。

部品を外したカブ50は

手持ちのノーマルキャリアに戻したので
カブラフレームカバーが付いただけの 普通のカブになりました。

我が家のもう1台のカブ70は

日曜日に女房と二人乗りしたカブラフレームカバーとダブルシート付

カブを3台持っても
維持費は税金と自賠責、クルマにかける保険のファミリーバイク特約だけ
それぞれ違う仕様で楽しみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜の住宅展示場に 緑のカブ70でお出かけです

2017年06月24日 | 日記
今勤めている会社の仕事は昨日で終了しました
今日から水曜日までお休みして 木金に出勤して退職です。

緑のカブ70は次の職場への通勤用として使う予定で
調子を見るのを兼ねて今日は女房と二人でお出かけです。

今日、女房が行きたかったのは

横浜の住宅展示場
展示戸数日本一だということなので 私も行きたかった場所のひとつでした。

しっかり値段を表示しているところ、そうでないところ
値段を示しているところは 品質にも自信があるんでしょうね。

その中でいちばん駄目だったと思ったのは「○条工務店」の営業社員
横浜の住宅展示場にあるモデルハウス3棟のうち 在来工法の所にいた奴で
私が知りたい情報はぜんぜん言わない上に 私の個人情報ばかり聞いてきて
若い営業の社員だから、次に繋ぎたいのは判るんだけど
営業社員の知的レベルが あまりにも低すぎて貴重な時間を無駄にしただけ
思い出しただけでも腹が立つ体験でした。

こんな営業がいる会社では絶対買わないな と思った数少ない経験でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

転職先への出勤準備

2017年06月23日 | 日記
7月から働き始める予定の転職先
実は 既に全ての手続きが終わっているので出勤日を待つばかり
ロッカーも決まっているので ロッカーの鍵も貰っています。

でも貰った鍵はオリジナルの1本だけなので亡くすとたいへん
ということで、複製を作っておくことにします。

手元にある鍵屋さん専用の資料を見て

市販のブランクキーを手に入れてきました。

ブランクキーさえ手に入れれば あとは簡単

自分のキーマシンで削り出すだけ。

これで、7月からの出勤準備は ほぼ完了しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎県 小浜温泉

2017年06月22日 | 日記
手に入れた土地と、近くの海岸を確認したところで
もうひとつの目的 小浜温泉に行ってみます。

住むようになったら何時でも行けるので、今日は観るだけ
ちょうどお昼時間だったので 釜蒸料理が頂ける店に行きます。

とは言っても、今日食べたのはアラ煮定食
魚の種類は 鯛とブリがあって、どちらも¥1200+税
伊豆方面に比べるとかなりお安い価格設定です。

好きな素材を選んで、蒸気が噴出している釜で蒸焼きにした
釜蒸料理が食べられるお店なんですが
食べたい物をいろいろ選んでいると大量になってしまいそうなので
二人だけということもあり、さらに夕食は刺身と決めていたので
煮魚にしたわけです。

海が見える席で食べることにして外を見ると

海岸沿いに「露天風呂」があります。

食べ終わって近づいてみると

大人300円、子供200円との表示
そういえば・・・ 釜蒸のお店の中で入浴チケットが売っていました。

九州ですからね、温泉の入浴料はこんなものです。

振り返ると釜蒸のお店の全景が見えます

お店の外、左側に見える湯気が出ているところが蒸釜
この温泉、沸き出す温度が105度ということなので蒸気が噴出しているみたい
かなり危険なので、蒸す作業はお店の人がやってくれます。


今回の長崎行きは 日、月、火の3日間
火曜日の昼過ぎには「諫早」発の特急に乗る予定です。

諫早駅は長崎新幹線の停車駅になるので、新幹線用ホームが工事中です。

今は長崎本線を特急列車が走っていますが
長崎本線自体が ほとんど特急列車専用線に近い状態なので
新幹線が完成した後は 第三セクターのローカル線になる予定らしく
沿線の人が猛反対しているらしいけど 長崎本線がこんな状態なったのは
住んでいる人が利用しなかったのが原因なわけで、仕方ないと思いますが・・・

時間通りに「白いかもめ」が到着

「ソニック」タイプの「黒いかもめ」を期待していたのですが残念でした。

でも、座席は「ソニック」の刺繍がしてある本革シートでした。

帰りは全て自由席としました

博多駅を15時33分発で新横浜着20時14分
座っているだけですが 思い切り疲れました。

行きの教訓で 夕食はあらかじめ博多駅で購入

鳥栖駅の「かしわめし」¥720円

京都を通過して

名古屋に向かって走っている間に頂きました。

自宅最寄駅に着いたのは21時をちょっと過ぎた時間
駅まで女房がクルマで迎えに来てくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加