北海道のいいとこ撮り

デジタルカメラで撮りためてきた北海道の自然や野生動物を掲載していきます。画像中心のブログです。

ハヤブサの幼鳥@室蘭 2005年7月

2017年07月17日 | ハヤブサ
2005年7月初旬の室蘭市絵鞆半島の断崖をこちらで紹介してきましたが、訪れた目的はこの断崖に生息するハヤブサを観察するためです。


断崖の上を歩きながら絶壁を探しているとこの日はすぐにハヤブサに出会えました。この断崖には確実に生息しているのですが、飛び回っていたり少し離れた岩にとまっていいたりすることもあるので近くで観察できるのは運の良い日です。


後方の岩陰からもう1羽が姿を現しました。頭部を含めて全体的に白っぽいこれらのハヤブサはまだ幼鳥です。ハヤブサは断崖の窪みに卵を産んで主に雌が抱卵します。約30日間の抱卵期間の後、孵化した雛は40日前後で巣立ちを迎えます。


北海道ではだいたい5月下旬頃までには孵化するようです。逆算すると巣立ちを迎えてからまだそれほど経っていない時期かと思われます。


観察していると1羽がふわりと飛び立ちました。飛んでいる姿を撮影できませんでしたが、まだかなりぎこちない様子。それほど離れていない枯れ木にとまりました。




枯れ木の近くまで移動して引き続き観察を続けます。


同じ日の少し時間が経過してから撮影したハヤブサの親鳥。先ほど幼鳥が2羽いたのと同じところにいつの間にか親鳥がとまっていました。

続きはこちら

(室蘭市 2005年7月)
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羊蹄山とジャガイモ畑@洞爺... | トップ | 夕暮れのコムケ湖@紋別市 20... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む