零式インデックス

ホグワーツから入学許可証が届くのを待って早十年 そんな山南の可もなく不可もなくな日常 ピノコとハー子は私がもらった

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012-01-28 14:56:57

2012-01-28 14:56:57 | 日々のあれこれ
甘い考えだと思われても仕方がないけど、

私は自分の志望から逃げたことを負い目に生きることは絶対にしたくない。


死ぬ気でやって、二年後、だめだったら、そのときは諦めよう。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

無人島

2012-01-06 19:36:28 | 日々のあれこれ
無人島に何か一つ持っていけるとしたら何を持っていくか、というありがちな話題。

色々考えたけれど、私は極力無人島には行きたくない。
生きていける気がしないのである。


行くとしたら、ロンドンに行きたい。
それか日光でもいい。
特に何か共通点があるわけではないけれど、行きたい。
ロンドンはカレーと中華が美味しいらしい。


上野動物園にも行きたい。

死ぬ前に行きたいのは、祖父母の家と広島。



結局、無人島に持っていくとしたら、本かなぁ。
暇つぶしに。
Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

笑顔が見たい

2012-01-05 02:37:25 | 日々のあれこれ
「卒業生」(中村明日美子)を読んだあとに
スピッツの「魔法のコトバ」を聴いて号泣した系若者、やまなみです。



歌詞が草壁→←佐条すぎてわたしはもう




全く違うジャンル(というのはあれだけど)の人間にあそこまで恋をするって、どうういうものなんだろう。
しかも同性に。
出会ってその一話のうちにコトに及ぶBLが多い中で、(そうでないものもたくさんあるけれど)
JUNE的なスタイルはを崩すことなく、とても滑らかで繊細な描写。そしてどこか懐かしい。
彼らの恋はまさに「真面目でゆっくり」、という印象を受ける。


草壁はあれだ、歴代カノジョ(何人いたかは知らないけどあまり多くはなさそう)と
キスの一回や二回したことあったんだろうか。
でも佐条はきっと草壁とが初めてだろう。
ファンブックを読んで詳細な事情が分かると、佐条のこれまでの恋愛観のようなものにすごく興味が湧く。
多分昔から、自分の「恋愛」に罪悪感があったんじゃないだろうか。
「同級生」で初めてキスを交わすシーンの彼の表情から、そんなことを考えた。

同性愛に対する淡い憧れのようなものを、誰しも一度は経験したことがあるのではないかと思う。
特に女の子は、と私は勝手に思っている。
それはバレー部の先輩だったり。美人の音楽の先生だったり、隣の席の幼なじみだったりする(のかもしれない)。
この作品は、そういう感覚で読む事の出来る「BL」だった。
思春期特有の。熱病のような恋愛からほんの、半歩進んだような、
落ち着きがあるんだか、ないんだか。
そういうものが、実はいちばん「真面目でゆっくり」な恋愛なのかもしれない。

色々語りたい事は沢山あって、多分それを言葉にすることも出来るんだけど、
ネタバレになってしまうかもしれないのでやめておく。



「魔法のコトバ」で思い出したけれど、「ハチミツとクローバー」も見た。
実写版の方。
最初は堺雅人さん目当てで見たのだけれど(十年来の大ファン)、なかなか素敵な作品だった。
原作も読もう。
堺氏のファンとしては、主人公のはぐみちゃんを「はぐ」と呼ぶ花本先生がとても良かった。
「今飯にするからな」「今日はナポリタンだ」
なんてすてきなんですか花本先生。
私は原作の予備知識が0の状態でこの作品を見たけれど、登場人物が皆片思い、という設定なんですね。
花本先生の
「俺には埋めてやれない。俺には。」という独白が、先生の「片思い」なんだろうか。


高校生も 大学生も  
無精髭の大人も恋をするのだなぁ    みつを






なんでも「みつを」とつければゆるされるような気がする。
相田みつをは偉大だ。
私は谷川俊太郎がとても好きである。
「二十億光年の孤独」がとてもお気に入りで……あれ、なんの話でしたかな。


あえてAmazonへのリンクは張りませんので探してください。
……涙で画面が見えなくなってきたので、このへんで。







Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

春一番

2011-10-26 15:25:52 | 日々のあれこれ
母校の演劇部が、今年も県大会で最優秀賞を頂いた。

なんといえばいいのか、もう、本当にありがたい。

昨年と違い、今年は夏休みから取り組み始めた作品だったので「県大会は無理かな」とすら思っていた。

何を書いたら良いのかよくわからないけれど、本当におめでとう。

素敵な脚本をこの世に送り出してくださった、齋藤俊雄先生。
審査員の先生方。各校の顧問の先生方。

部員の皆。
ありがとう。

関東は必ず見に行きます…その前に、あとで部室に行くから、県大会の講評を見せてください(笑)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

試験が終わったのだが

2011-10-26 09:22:43 | 日々のあれこれ
試験二日前(18日) 徹夜
前日 睡眠三時間
一日目 二時間
二日目 一時間

三日目(一昨日) 結構寝た

で、昨日。
熱で倒れる。(友達から風邪がうつった)
一時は38度を越え、どうなることかと。

今日。
病院なう


一日大人しくしていよう。
Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加