RAINBOWシーカヤック:ブログ

RAINBOW・三河湾シーカヤックスクールのブログです。

神奈川4日間

2012年11月23日 | Weblog
神奈川の三浦半島へ4日間行ってきました。

1日目はコアアウトフィッターズさんへ。
ショップ、スクール、ツアーと、全ての機能が揃った老舗の総合シーカヤック屋さん。

代表の山口さんは僕のアイドル。
シーカヤックはもちろん、SUPの世界でもトップという、海のパドルスポーツ界の頂点に君臨していながら、「君臨」という雰囲気ではない、ナチュラルな魅力に溢れたグル(Guru:導師)です。

ラプターカヤックスとアクアマリンパドルを扱うスプリントの増谷くんにくっついて行って、山口さんにラプターのシーカヤック3機種、サンダーバード、スパロウ、ガルーダと、フィッシングカヤックのファルコン120まで試乗していただきました。

富士山が見える最高のロケーションで、ガルーダのバウに乗って、山口さんとぶっ飛ばしたりして楽しかったー!

*写真はなぜか保存されてませんでした…



2~3日目はサウスウインドさん主催のKFM(カヤックフィッシングミーティーング)に。
海況が回復せず、残念ながら実釣は中止でしたが、ミーティングとしては非常に充実した内容でした。


PA設備があるのにビックリ!

それを駆使して、Kayak55さんの見事なリードで、ゲストの方々による安全に関するお話し、メーカーの方々のプレゼン、それに豪華(物凄く豪華)賞品山盛りのくじ引きや、じゃんけん大会、ビーチクリーンなどなど。



スタッフの皆さん、本当におつかれさまでした!



で、最終日はコアさんに戻って、JSCAのプログラム作成の会議。
ここで合流したパドルコーストの吉角さんはシーカヤック界のレジェンド。
先日のJSCA激漕キャンプツアー研修会でもお世話になりました。

さらに、西表島のGoodOutDoorの出戸さんが登場。
お客さまと若いスタッフ2人と一緒に、コアのツアーに参加だそうです。
いいなあ!

JSCAの新しいプログラム作りは夜にまで及び、山口さんのところで晩ご飯(とっても美味しかったです)をいただいて、ようやく帰路に。

蒲郡に着いたのは3時くらい。
眠かったー。

タイヘンだったけど充実した4日間でした。
みなさん、ありがとうございましたー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心の目で見るカヤックフィッシング

2012年11月15日 | Weblog
久しぶりに釣りに行ってきました。

第一目標はハタ、第二目標はハタ、第三目標もハタ。

作戦はタイラバとスロージグ。

準備中、魚探を忘れてきたことに気づいて、全身が痺れるほどの不安に包まれたものの、心の目で見るのだ、と自分に言い聞かせてスタート。

僕の心の目は、どちらかというと見えづらいのではなく、対象物の実際の有無に関わらず見えすぎる傾向がある。

漕ぎはじめてすぐ、まだ浅すぎるだろうとは思うものの、この下に根があってハタがうようよいるような気がして仕方ない。

ガマンできなくなってスロージャークしてみると、


中くらいのオオモンハタと、大きい(僕にとっては大きい)オオモンハタの2連発!

食べるには充分なので、もう帰ろうかと思ったけど、あまりにも早すぎるのでやっぱり継続。



イトヒキアジの真ん中にフッキングしてたけど、イトヒキアジは美味しいのでOK。

ちょっと風が出てきたのでタイラバに変更して、イトヨリと、またまた大きいオオモンハタを追加!


いくらなんでも、もう充分なので上陸。


心の目って、意外と良く見えるものですねー。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

JSCA激漕研修会

2012年11月10日 | Weblog


今週は平日3日間JSCA研修会に行ってきました。
キャンプツアーの中身を全検証して意見交換するというものでした。

研修は漕ぎ出す前の段階、気象系、装備系のことから始まって、海上でのことはもちろん、キャンプ地に上陸後、食事のことまで、もう全部を網羅する内容です。



内容が充実してるのはもちろんですが、これがまたスッゴク楽しい!

普段ではありえないようなハイ・ペースで激漕したり(研修内容ではありません)、夕食後には焚き火の前で綾瀬はるかに関してのお話をしたり(研修内容ではありません)…



僕には久しぶりのコンパス航法も。


適当に漕いでたら迷子になりそうです。


最後は大王崎を周って上陸。


この日は風だけでしたが、うねりがあるとブーマー地獄ですね。


岬のちょっと北の、とある浜に上陸し、ちゃんと無事に全行程を終了。

来年もやりましょうね。
おつかれさまでしたー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レベルシックスのパドジャケたち

2012年11月03日 | Weblog
寒いですねー。
今日も三河湾は大荒れです。
冬みたいですが、今の気圧配置が緩めば、またもうちょっと秋っぽくなるはず。

気温的にシェル系ウェアを着る季節になりました。
何を着るかが難しいところですね。

低い気温、水温から体を守る、安全性を重視した選択だとドライスーツが一番。

ガスケットがキツイ、ドライスーツでは暑すぎる、ということで快適性を重視すれば、レイヴンパンツとパドジャケということになるでしょう。

レイヴンパンツ&ドライトップという組み合わせもありますね。
でもそれだったらドライスーツの方が良い、ということになるかもしれませんが、ドライトップとパドジャケを両方持っていて、状況に応じて選択できるというのはイイことですね。

僕はドライスーツを着ても暑くない時期はドライスーツ、春、秋はレイヴンパンツ&パドジャケ、というウェアリングにしてます。
で、それぞれインナーウェアで、快適になるであろう調節をめざしています。

最近はパドジャケもいろいろありますが、防水透湿素材であったり、動きやすいように立体裁断であるなど、機能性に優れているのはもう当たり前なので、カッコいいやつがいいですね。

僕が最近よく着てるパドジャケは、

レベルシックスのRia。

フルジップで、手首は調節ベルクロ、フード付き、というタイプです。

フードは襟の中に収納できるし、取り外しもできます。

しかも、

ピットジップ付き。
フルジップだし、一番体温調節ができるパドジャケだと思います。



同じくフード付きのレベルシックス・ボナビスタも、首もとでの体温調節がしやすいモデルです。


クートニーは首もベルクロで閉めることができる、最もベーシックなパドジャケです。
なぜか最近はこのベーシックなタイプが少ないので、貴重なモデルですね。

レベルシックスのウェアは、デザインもカラーも素敵ですね。
機能が同等なら、カッコいいウェアの方がテンションも上がるからお勧めです。


カナダのブランドなので、サイジングは日本サイズより少し大きめです。
僕はサイズMですが、インナーが薄手ならSでも大丈夫。

RAINBOWでは常時(今のところ常時)ありますので、試着してサイズを確認することもできます。

この手の秋冬モノは、毎年冬には品切れなってることが多いので、みなさんお早めに検討してくださいね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加