RAINBOWシーカヤック:ブログ

RAINBOW・三河湾シーカヤックスクールのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WINTER SALE!

2011年11月27日 | Weblog

寒いですね。
RAINBOWはWINTER SALE開催中です。
ドライスーツとかセール中です。

無くなり次第終了ですが、サイト更新が追いつかないこともありますので、その際はご了承下さい。
また、以後も色んな商品を追加していきますので、時々チェックしてみて下さい!


あと、RAINBOWのFacebookもはじめました。
こちらはまだまだですが、思い出したら見てみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西表島カヤックフィッシング

2011年11月21日 | Weblog
ケラマツアーの翌週は西表島でカヤックフィッシングツアー。

ガイドは「ぱいしぃず」近澤さん、それに強力な助っ人の「グッドアウトドア」の出戸さんも登場。
どちらもJSCA公認スクールです。

出艇地点で艤装もバッチリ。

昨年の経験から魚探は無し、タックルもジグ、タイラバ系に絞りました。
艇もシーカヤックのタンデム艇。
速度は充分、デカイのがかかった時の安定性も充分あり、2人で相互サポートできるので何かと有利です。

メンバーは、RAINBOWのシーカヤックツアー、カヤックフィッシングツアーに何度もご参加いただいているA倉さん、シーカヤックツアーにはなんどもご参加いただきながら、カヤックフィッシングは未経験のO木さん、H野さん、それにRAINBOW3名。


いくぞー!

*このツアーの様子は「ぱいしぃず」ブログでもご紹介いただいてます。



先ずは昨年の実績ポイントへ。

この西表の3日間は自炊可能なロッジにお泊りして、用意した食材は米と調味料、薬味程度の野菜だけ。
みんなでちゃんと釣らないと、ネギとご飯、ショウガとご飯、という難しい食事が続いてしまう。

でも大丈夫。
西表はパラダイスなんです。

さっそく出戸さんが、
デッカイ!
出戸さん(大男です)が持ってると普通っぽく見えるかもしれないけど、凄く大きい。
マーマチというフエダイの仲間で「オオヒメ」というお魚だそうです。
出戸さんブログより

僕はキープサイズ(自己規定です)には届かないミーバイ(ハタ系)の類をリリースし続け、潮が下げに入ったとたん、ロッドにガツンと重い手応えが。
オシアジガーのドラグが出るのに感激し、水面まで上げてきたら、

ガーラ!
やったー!

バウのサエミちゃんも同時ヒットでガーラ獲得。
それぞれ別種類のガーラでした。

それからキープサイズのミーバイ系を2匹追加。


こうしてみんなで釣ったお魚で無事に食材確保成功!
オリオンビールと泡盛のおつまみ&晩と翌朝のおかずです。


こういうのを3日間続ける夢のような日々です。

ちなみにお昼ご飯は上陸して、近澤さんが用意してくれます。

美味しい!

A倉さんもいっぱい釣りました。

ミーバイ無数、クロダイ的な大きいのも。

あまり釣り経験のないO木さんも、

クチナジ(美味しい!)、ミーバイ系はたくさん。

H野さんもかなり釣りました。

ガーラ、マングローブジャック、ミーバイ系無数。

マスタニくんは念願の高級魚アカジン!
ウワサどおり、凄く美味しかった!

もちろん、ガイド近澤さんもサエコさんも釣りました

ボウズ無しの全員釣果です。

・・・・・

時々とんでもなくデカイのがかかって、オシアジガーのフル・ドラグを楽々引き出して、結局一巻きもできずに根ズレでブレイク、なんてことがありました。

たぶん凄く大きいガーラだと思うけど、もうロッドを持ってるのがやっとで、何もできない。

そんなのがいっぱいいる西表ってスゴイ!

それに浅い珊瑚礁や、砂洲の間みたいなところを通ってポイント移動できるカヤックって、なんて素晴らしい道具なんだろう、と西表でも改めて思いました。


みなさん、ありがとうございましたー!
近澤さん、サエコさん、出戸さん、お世話になりました!



お隣の山羊(後に脱走)。
*カヤックフィッシングツアーとは関係無し。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

慶良間キャンプツアー

2011年11月17日 | Weblog
ようやく愛知県に戻ってきました。

11月初めに那覇へ移動し、金曜日からは「漕店」大城さんのガイドで慶良間でのキャンプツアー、翌週の金~日曜日は西表島「ぱいしぃず」近澤さんのガイドでカヤックフィッシングツアーでした。

先ずは慶良間から。

渡嘉敷島の出艇地点、渡嘉志久ビーチ。

これだけで毎年このツアーをやる理由がおわかりでしょう。
そう、メチャメチャ綺麗だから。

この素敵な慶良間で2泊3日のシーカヤック・キャンプツアーです。


いつも元気で綺麗なS津さん(真ん中)。
スラローム・カヤッカーでシーカヤックもお好きなS木さん(右)。
出発前のお昼ご飯です。

大城さん率いる今回のメンバーは、関東からのみなさん(みなさんお酒強い・・)、よくご一緒させていただくタマン・マスターのAべさん、それに毎年必ず一緒の「野遊び屋」和歌山のガイド・曲里さん、それにRAINBOWフルメンバーです。

今回は渡嘉敷の南にあるビーチを基地として、3日間ひたすら遊んでました。



お魚を釣って、オリオンビールと大城さんの美味しいご飯を食べて・・・
素敵な3日間。
年に一度くらいは、こういう素敵な期間があるべきです。

しかし、
「大丈夫です大丈夫です、魚は僕に任せて下さい、毎晩お刺身ですよ」
と、宣言した僕はなかなかお魚が釣れず、立場が危うくなるばかり。

2日目の朝は僕は寝坊し、素早く海に出ていたAべさんはガーラとミーバイをゲット。
それに陸からキャスティングしてた増谷くんが見事なナガジューミーバイを、曲里さんもミーバイを釣ってる。

マズイ。

キャスティングできるタックルを持って行かなかった僕は、ただ見てるだけ。
どうしよう・・・

午後になって、ビーチでビールを飲んでお昼寝する人、読書する人など、みんな好きな時間を過す。

もちろん釣りメンバーはカヤックで海に出る。
もちろん僕も。
今晩の刺身に自分の魚を加えるのだ!

しかし風で流されすぎて、なかなか思うような角度でジグを操れない・・・

すると、見かねた曲里さんがスイと近寄ってきて、

「はいはい、これ釣ったことにすればいいから・・・」
と、いつの間に釣ったのかミーバイをそっと僕に差し出した。

なんという心の広さだ!

しかし、僕は大城さんやみんなのところにこのミーバイを持って走って行って、
「釣れましたー釣れましたー」
と、言えるだろうか。

イカン!

渾身のスロー・ジャークを続けると、ようやく何かヒット!

アオチビキー!

よかったー。
これならみんなのところに走って行ける!




と、個人的にも楽しく大騒ぎしながらの素敵な慶良間ツアーでした。


みなさん、ありがとうございましたー。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきます

2011年11月01日 | Weblog
今日から慶良間、西表ツアーに行ってきます。

そのため、11月17日(木)までRAINBOWはお休みになります。
各種お問い合わせなどのメールはチェック不可能な時が多いので、基本的にご返信は17日以降とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加