RAINBOWシーカヤック:ブログ

RAINBOW・三河湾シーカヤックスクールのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西表カヤックフィッシング:3日目

2010年11月29日 | Weblog
西表3日目。
今日も魚づくし朝食を食べ、ぱいしぃず号で出撃。

今日は初日に有望と思われながらも風に阻まれたポイントへ。
ポイント海域に到着早々、あちこちでナブラが出て、M田さんがシイラをかけた。
そのデカシイラは暴れに暴れて、M田さんの艇の周りで派手なジャンプを繰り返す。
傍から見ていると、なんだかM田さんがシイラに襲われているようにも見えて、壮絶な光景だ。
艇の際まで寄せたものの、最後はハルを逆サイドに潜られてラインブレイク。

あんなのがかかったら僕はコワいので、トップは攻めないようにして、ミーバイ系をリリースし続けていると、M谷くんがシイラをかけた。
暴れまわるシイラを、M谷くんは容赦無くギャフで殴るように突き刺しゲット。
そして謎の回遊魚を次々と連続ゲット。
トップ系はM谷くんの独壇場だ。


M田さんが何かかなりデカイのをかけてラインブレイク。
規定サイズ以上のミーバイをちょくちょくキープ。

そうこうするうちに、ジグしてたW辺くんに何かがヒット。
ロッドが曲がって、最初は順調に巻き取っていたけど、途中で「デカイ!ヤバイ!」と言い出して、またちかさんが合体体制に。
近くにいた僕もM田さんもジグを上げて見守る中、W辺くんとちかさんの艇はグイグイとあちこちへ引っ張られてもう大変。

「老人と海」状態のまま、ラインを100m出されて30m巻いて、あっちの島の近くまで引っ張られて、最後はリーフの浅いところに向かっていって、痛恨のラインブレイク。
それからしばらくは、見ているこっちまで放心状態でした。

お昼頃になって休憩上陸。
昼食は素敵な桟橋で。

美味しいランチを食べながら、キレイな水の中、桟橋の下をベイト(魚種不明)とヤガラが通っていくのを眺めていると、ああもう帰りたくないなと思った。

そうは言っても時間はすぎてゆき、上陸・終了の時間に。
今日の釣果は、

M谷くんの謎の魚はニジョウサバ(らしい)。
この時点では何という魚なのか分からなかったもけど、いかにも美味しそうな感じだったので様々お料理してまた打ち上げ。

明日の朝にはみんな西表から出て帰らなくてはいけない。
全然帰りたくないし、みんなもそう思ってたはずだ。

それにしても西表は良く釣れた。
魚種も豊富で、凄くデカイのもきた。
来年も絶対ここに来よう。

ガイドしていただいた「ぱいしぃず」のちかさん、サエコさん、ありがとうございました。
ランチやサポートしてくれた「ブルーホリック」嘉藤さん、毎晩お酒とレアなおつまみを差し入れてくれた「GoodOutDoor」のデトさん、ありがとうございました。

西表最高!
かんぱーい!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西表島カヤックフィッシング:2日目

2010年11月25日 | Weblog
2日目。
深夜~早朝の土砂降りもあがって、朝食(昨日の魚)を食べて出撃。
みんな艇にも慣れてきた。
この日も風はあるものの、風向きが微妙に変わって、昨日行けなかったポイントで釣りスタート。

リーフの落ち込みから深場に流されつつ、ジグしてると、良く引く魚がヒット。

ガーラ(カイワリ系)。

リリース規定(自分たちで勝手に決めてました)は30cm以下。
これは大丈夫なのでキープ。
美味しそう。

で、次は、

ガーラ(イトヒキアジ)?
本体は規定以下のサイズだけど、食べたことないし、美味しいらしいので、糸を引いてるヒレを伸ばせばOKということにしてキープ。

喜んでいる僕のとなりに、「いやあ、西表最高ですねー!」とW辺くんが漕ぎ寄ってきた。
おお、最高だぜ、と言いながら振り返ると、

ガーラ!!
ホンモノのガーラ(カスミアジ)だ、デカイ!

あまりにもデカイので、一旦上陸してクーラーに入れることに。

上陸して撮影!

これはスゴイ!
Wくん、さすが。
上手いのは知ってたけど、こんなの上げるなんて・・・

「もう、ヤバかったっすよ」
マジやばかったらしく、近くにいたガイドの近澤さんに合体してもらい、艇を安定させて上げたとのこと。

腹を出して、その巨ガーラをクーラーに入れて、再出発。

すると沖からM谷くんが、「キマしたよー!」

ガーラ
またデカイ!
M谷くんのはロウニンアジで、頑張って一人で上げたとのこと。

「ドラグ、最初から強く締めてるとヤバイっすよ」

みんなで上陸し、2人揃っての撮影会。

すげえ!

それから、僕は自分がキープしたのをクーラーの一番奥に隠すように押し込んで、急いでジグり続けたものの、アタリは遠のき、今日はここまで、ということに。

宿に帰ってクーラーの中を改めて見ると、

僕のガーラ小さい・・・

絶対食べきれるわけが無いので、近澤さん、出戸さんにおすそ分け。
それでも夕食はこの量。

*一部です・・

ガーラは脂のってて、もう最高!
刺身もタタキもなめろうも、カマ焼きも、アラ汁も、どれも美味い。
ミーバイ系(ナガジュー、アカハタ、黒っぽいのは名称不明)も美味いし、ちかさんのオリオンビールと泡盛、出戸さんが持ってきてくれた日本酒、それにオオタニワタリ(山菜)や猪もあって、勝利の宴は深夜に及びました。

西表、最高!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

西表島カヤックフィッシング:1日目

2010年11月22日 | Weblog
慶良間ツアー終了後、僕は家とは全く逆方向の石垣島に移動した。
めざすは西表島。
来年からスタートする、「西表島カヤックフィッシングツアー」のプレ・ツアーだ。

石垣島で、愛知県から飛んできた僕の釣りの先生3名と合流。
僕はカヤックを漕ぐことはできるけど、釣りは初心者なので、釣果がマズイとツアーを企画するのにテンションが上がらない。

以前、西表島へ行った時は、僕でもいっぱい釣れて喜んでいたけれど、今にして思えば大物は全部取り逃がしていた。
ウデもタックルも全然ダメだった。

3名の先生は、みんな釣りがすごく上手で、僕の最近のカヤックフィッシングの釣果は、全てこの3名の先生の指導によるものだ。

翌朝、みんなで西表島に渡った。
上原の港で船を下りると、現地ガイドの「ぱいしぃず」近澤さんがお迎えにきてくれていた。

この日は風があったので、近澤さんに風裏になるところを中心に連れて行ってもらうことに。

出艇地点で艇に艤装し、準備。
使わせていただく艇は新艇なので、先ずは進水式。


今回はシットオンではなく、普通のシーカヤックでの釣りだ。
シーカヤックはシットオンと比べると、安定性は良くないけど、圧倒的に船足が早い。
比較にならないほど早い。
しかも「ぱいしぃず」の艇は、僕が普段仕事で乗っているパドルコースト製なので最高だ。

出艇し、風の中を漕ぎ進み、最初は水深のある海域でスタートしたものの、風で流されて釣りにくい。
やはり風裏になる場所を目指して移動し、一旦上陸してお昼ご飯。


「ぱいしぃず」の沖縄そば。
美味しい!

なぜか北海道の「ブルーホリック」嘉藤ガイドが・・・

午後からのポイントで、短い時間ながらM田さんがカマス、M谷くんがナガジューミーバイ、W辺くんがアオチビキ、サエミちゃんが小さいながらもガーラを!

僕は規定サイズ以下のお魚ばかりだったので、全リリース。
情けない・・・

一同、最初から完全に釣る気だったので、食材は米と調味料しか用意していない。
「ぱいしぃず」が用意してくれる昼ごはん以外、つまり2泊3日の期間中、夕食と朝食は自分たちで釣った魚だけを食べてすごす、という気合の入った企画で、もう栄養の偏りなど全然気にしていない。
ま、これでとりあえず今晩と明朝は大丈夫だ。

翌日からのマジ釣行に備えて、1日目は早めに上陸することに。

お泊りするところはこんな感じ。

キッチンとシャワー、洗濯機まである素敵なコテージで、1棟に5人くらい宿泊可能だ。

みんなで手分けしてタックルを片付け、釣ったお魚を捌いて晩ご飯宴会(お酒は持参)。


翌日から、僕たちは西表島の驚異のポテンシャルを体験することに。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

佐久島ツアー

2010年11月21日 | Weblog
昨日と今日はお泊り佐久島ツアー。

11月だから、どうせ冷たい風がずっと吹いてて、ちらちら白波が立って、下手をすれば雨まで降ってて、もうどうしよう的な感じかと思ってたら、超快晴。
風もほとんど無くて、快適そのもの。
暑いくらい暖かいから、みんなパドジャケも脱いじゃって、ニコニコ出艇。

時々出てくるスナメリを見ながら、素敵な巡航速度で漕ぎ進み、佐久島を通り越して大磯へ上陸。

快適なのはいいけど、ランチを食べていると、どんどん潮が満ちてきて、大磯は急速に狭くなってきた。

早く食べなきゃ。

でもまあ大磯から佐久島の上陸ポイントまではすぐなので、ゆっくり出発。
いつもお世話になってる民宿「魚増」さん。

満月がキレイでした。
K原さんが持ってきてくれた「ダバダ火振り」で僕は早々にダウン。
みんなお酒強い・・・

翌日もいいお天気で、終始快適。
帰りもスナメリを見ながらのんびり漕ぎ漕ぎ。


無事に出艇地点に帰着。

O木さん、K藤さん、T永さん、K合さん、K原さん、ありがとうございましたー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の慶良間ツアー

2010年11月21日 | Weblog
11月恒例の慶良間ツアー。
今年は総勢11名での行動でした。
もちろんガイドは「漕店」大城さん。

いつもの渡嘉久ビーチから、阿嘉島へ、翌日はムカラク経由で阿波連の南へ、最終日はハナレ~渡嘉久、というルートで慶良間を満喫してきました。
ツアー中は曇り、晴れ、雨、風と、様々な天候の中、漕いだり、釣ったり、潜ったり、飛び込んだりと遊びに遊んで、夜は美味しいご飯とお酒のキャンプ。
こんなに楽しい3日間が他にあるでしょうか?


アカジン、ナガジューミーバイ、アカハタ。
お刺身はもちろん、魚汁も魚汁ライスも最高!


ヤガラ。
身はフワフワして美味しかったー。



T田さん、S津さん、O田さん、N山さん、M瀬さん、シューゴくん、M谷くん、来年もまた行きましょうね。
いつも一緒の曲里さん、今年もありがとうございました。
そして大城さん、お世話になりました!

みなさん、おつかれさまでしたー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきました

2010年11月18日 | Weblog
昨晩ようやく蒲郡に戻ってきました。

今回は前半が毎年恒例の慶良間ツアー、後半は来年から定番化しようと考えている西表島でのカヤックフィッシングツアーの下見でした。
その結果、ほぼ2週間も店を閉めてしまうことになり、みなさまに多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

みなさん、申し訳ありませんでした。

しかし!
慶良間ツアーはもちろんですが、西表のカヤックフィッシングの方も、かなり素敵な企画になりそうです。
なにしろ釣果がモノスゴイ!!

どれだけスゴイかったは、追々アップしてゆきますので、乞うご期待。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ

2010年11月04日 | Weblog
まだ那覇です。
昨日は大城さんの所でツアーの準備。
今日は那覇の釣具屋さんで、足らないと思われるモノを購入しました。
夕方にはツアーのメンバーが続々と那覇入りし、さっきまで前夜祭でした。

さてさて、いよいよ明日からツアーがスタートします。
海の状況もいいようなので、なにもかも上手くいきそう!

では、おやすみなさーい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しばらくお休みになります

2010年11月01日 | Weblog
昨日はY田さんのレベルアップスクール。
午前中は小雨が降ってましたが、午後に島を周った時には晴れ間も出るようになってました。
島に上陸すると、ツアーチームがランチを終えたところで、コーヒーと梨をもらって再出発。
途中立ち寄った(漕ぎ寄った)毛無の灯台は工事中でした。

明日からしばらく(17日まで)慶良間ツアーなどでお店はお休みになります。
みなさんにご不便をおかけして申し訳ありませんが、どうかご理解下さい。

ツアー中の様子などは、できるだけ現地からブログで報告します。

さてさて、今年はどうなるか。
タマンやガーラ、釣れるかな?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加