シーガルアイ公式ブログ 『カモメの目』

気になったニュースを日記風に書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気になる記事から (2007.1.19)

2007-01-19 | Weblog
北海道・北見の住宅地でガス漏れ、3人死亡11人治療

19日午後1時40分ごろ、北海道北見市春光(しゅんこう)町周辺で「ガス漏れがあった」と、北海道ガスからの通報があった。道警北見署によると、住宅2戸で男性2人が死亡しているのが発見された。さらに、この2戸を含む住宅計5戸で男性4人、女性7人が倒れ、市内の病院で治療を受けた。11人は、一酸化炭素中毒の症状を見せているが、いずれも命に別条はない。北見市は、77世帯178人に避難勧告を出し、現場一帯を封鎖。近隣住民に近くの小中学校への避難を呼びかけ、一時、83人が避難をした。亡くなったのは、北見市春光町5に住む落井清治(きよじ)さん(64)と、碓井広樹さん(44)。落井さんは1階トイレで倒れていた。隣接する会社員後藤寛幸さん(51)方1階のトイレで、妻のピアノ講師京子さん(47)が18日午前6時半ごろ、死亡した状態で発見されていたことも、その後、判明した。北見署によると、3人とも死亡推定時刻は18日早朝で、いずれも一酸化炭素中毒死の疑いが強い。北海道ガスは19日夜、記者会見し、落井さんの住宅向かいにある公園の歩道地下約1・6メートルに埋設されているガス管(鋳鉄管、直径150ミリ)が折れ、穴が開いているのが見つかったと明らかにした。同社によると、17日にガス警報器が鳴ったと現場近隣住民から通報があったため、18日は午前9時から午後10時まで付近の道路、歩道を掘削してガス管を点検したが、ガス漏れ個所を発見できず、同日夜、確認作業をいったん中断。19日に点検を行う予定だった。住民からの苦情は17日と19日に各2件寄せられ、北海道ガスは、後藤さんの死亡を19日の事故発生まで把握してなかった。また、同社によると、鋳鉄管は曲げる力に対して弱く、今は新設する際には使われていない。折れた原因は不明だが、土壌凍結や、上を重いものが通った時に折れることがあるという。このガス管は1967年に北見市が埋設。ガス事業法で取り換え対象となっており、北海道ガスは順次取り換え作業を進めていた。また、同社は一酸化炭素を含まない天然ガスへの切り替えを進めており、北見市でも2009年に切り替え作業を行う予定だった。現在はブタンを加工した一酸化炭素を含む「生ガス」を使っている。(yomiuri on-line)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になる記事から (200... | トップ | 気になる記事から (200... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
北見市ガス漏れ3人死亡 (激安ショップ!ビンラディン)
北見市ガス漏れ3人死亡