シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

祝600本

2011年08月31日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温32 水温27℃~26℃   透明度 ⇔8~12

Gonzui110831Sabihaze110831

左:ゴンズイ(by satoko)  右:サビハゼ(by yamada)

  本日は凪の船越でした。やっと海況が落ち着いたかな?と思ったら週末からは台風の影響が出そうな感じになってまいりました。

Syuku600hon110831Syuku300hon2110831

←SATOKOさん祝600本

  そして今日はsatokoさんの600本記念ダイブも行ってきました。すばらしいペースです。これからもどんどん潜りましょう。1本目は左の瀬、2本目は洞窟へ行きました。

Doukutsu110831Kyarameruumiusi110831

左:洞窟にて(by hirata)  右:キャラメルウミウシ(by yamada)

  左の瀬では今日もクリアクリーナーシュリンプが見れました。今日はミノカサゴをクリーニングしていました。マダラギンポも相変らず婚姻色を出していました。砂地では、タツノイトコやゴンズイ玉、ホタテウミヘビなんかを見ました。

  洞窟は、途中からいろんな魚の群れが見れ始めました。中もネンブツダイやメバルの幼魚なんかが群れていました。ほかにもアカカマスの群れ、マアジの群れ、ムツの群れなんかも見れています。浅場では今日もセダカスズメダイの幼魚が見れました。水温は1度下がって、水中も秋の訪れを感じます。


この記事をはてなブックマークに追加

本日大入

2011年08月28日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温28℃~27℃   透明度 ⇔8~12

Kuriakurinasyurinpu110828_2Madaraginpo110828_2

左:クリアクリーナーシュリンプ(by satoru)  右:マダラギンポ(by satoru)

  本日は陸も海もダイバーで大賑わいの船越でした。シーアゲインも久々の大入りでした。1本目は左の瀬に行きました。今日もクリアクリーナーシュリンプは定位置にいてくれました。

   しばらく見れると嬉しいし、クリーニングしてる姿も見たいのですが、なかなかこの海域ではお客さんがやってこないようです。

Tatsunootosigo110828_2Kuroerihginpo110828_2

左:タツノオトシゴ(by azu)  右:クロエリギンポ(by satoru)

  砂地では今日もタツノオトシゴやタツノイトコなど見れ、浅場では高確率でアオリイカの捕食シーンを見ることが出来ています。

2本目は三角岩沖から洞窟へ行きました。クロユリハゼの幼魚やキンギョハナダイの幼魚、セダカスズメダイの幼魚など見れました。

Kazariisogincyakuebi110828_2Aoriikanohosyoku110828_2

左:カザリイソギンチャクエビ(by azu)  右:アオリイカの捕食(by azu)

   洞窟は本日大人数だったのでじっくりは見ることが出来ませんでしたが、ミチヨミノウミウシは沢山見ることが出来ました。サンゴイソギンチャクにはカザリイソギンチャクエビが見れるようになって来ました。本日は真夏の暑さが戻ったような天気でした。この天気がしばらく続いてくれると嬉しいです。


この記事をはてなブックマークに追加

季節来遊

2011年08月27日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温28℃~27℃   透明度 ⇔8~12

Kuriakurinasyurinpu110827Kuroeriginpo110827

左:クリアクリーナーシュリンプ(by satoru)  右:クロエリギンポ(by saitou)

  今日も少しだけうねりがありましたが、2本とも船越で潜りました。1本目は左の瀬、2本目は洞窟へ行きました。

Tatsunootosigo110827Babururingu110827

左:タツノオトシゴ(by satoru)  右:バブルリング(by higashi)

  左の瀬ではまたまたクリアクリーナーシュリンプが登場してくれました。透明で、小さいうえに、よく動く。このてのエビ類にしては極めて撮影が難しい種だと思いますが、よく見るととっても綺麗で動きもカワイイです。マダラギンポは今日は出ている個体も数匹いて、ちょっと動きありといった感じでした。砂地では今日もタツノオトシゴの幼魚が見れました。浅場では昨日までいたトゲチョウチョウウオの幼魚が行方不明でしたが、セダカスズメダイやキンギョハナダイなど見れました。

Doukutsu110827Kobunumerinoyougyo110827

左:洞窟にて(by higashi)  右:コブヌメリの幼魚(by saitou)

  2本目は、ウミウシ中心にウオッチング。ヒメマダラウミウシ、クロシタナシウミウシ、ミチヨミノウミウシ、リュウモンイロウミウシ、シラヒメウミウシ、ユビウミウシなど見ることが出来ました。三角岩沖では、ミサキスジハゼが数匹見れた他、サンゴイソギンチャクにはカザリイソギンチャクエビも付いていました。さらに季節来遊増殖中です。


この記事をはてなブックマークに追加

浅場は癒し系。

2011年08月26日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温28℃~28℃   透明度 ⇔5~12

Iwaanakokeginpo110826Minokasago110826

左:イワアナコケギンポ(by yamane)  右:ミノカサゴ(by yamane)

  本日も船越は微妙なうねりがありましたが、2本とも船越で潜りました。透明度は砂地まで行くといいのですが、浅場はあまり良くありません。本日のゲストは久しぶりのYさんで、初カメラ持参で潜られました。とりあえずあまり動かない被写体を探しながら撮影していただききました。

Asabanite110826Mebarunoyougyo110826左:浅場にて(by sasa)  右:←メバルの幼魚(by yamane)

  水温は相変らず高めで、深場へ行っても快適でした。浅場では捕食中のアオリイカを見ることが出来てます。そして石ころには苔類がびっしり生えててちょっと癒し系です。

  2本目は洞窟へ行きました。

  やはり若干の揺れはありましたが、今日も沢山のウミウシを見ることが出来ました。

Aoriikanomure110826Doukutsu110826

左:アオリイカの群れ(by sasa)  右;洞窟にて(by sasa)

  マアジの群れやアカカマスの群れが目立つようになり、そろそろ回遊魚も現れそうな時期になってまいりました。これから更に海の中は賑やかになってくることと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

今日もキャラメル

2011年08月24日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温28 水温28℃~27℃   透明度 ⇔10~12

Kyarameruumiusi110824Komonumiusi110824

左:キャラメルウミウシ(by satoko)  右:コモンウミウシ(by yamada)

  本日は講習チームとファンダイブチームに分かれて潜ってきました。ファンダイブはかりゆしのクミさんヘルプで潜ってきました。ウミウシ好きなYさんご夫婦なので2本とも左の瀬から洞窟コースです。洞窟には今日もたくさんのウミウシを見ることが出来ました。

Madaraginpo110824Michiyominoumiusi110824

左:マダラギンポ (by yamada) 右:ミチヨミノウミウシ(by yamada)

  昨日に引き続き、またキャラメルウミウシが登場です。このまま居ついてくれるとうれしいです。講習チームは本日初日。体育会系の4人組なのでテキパキと行動されてましたし、初日のスキルも難なくこなされてました。

Yubiumiusi110824

←ユビウミウシ(by satoko)

  あと2日頑張りましょう。水温がまだまだ高いですが、今日もぐずついたお天気で、いったいこの状態がいつまで続くのでしょう。


この記事をはてなブックマークに追加

季節来遊の季節です。

2011年08月23日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温26 水温28℃~27℃   透明度 ⇔8~12

Mebarunoyougyo110823mAoriika110823m

本日の画像はyoshikaさんからいただきました。左:メバルの幼魚  右:アオリイカ

  今日も雨が強く降っていましたが、水中はおだやかでした。1本目は左の瀬、2本目は洞窟コースへ行きました。いよいよ季節来遊生物が出現しだしました。浅場ではトゲチョウチョウウオの幼魚が確認できるほか、沖では2回目の登場のクリアクリーナーシュリンプが確認できました。キンギョハナダイの幼魚も現れだし、ソラスズメダイもかなり増えてまいりました。今年はどうなることかと思っていましたが、徐々に色んな生物が見れだしました。

Kyarameruumiusi110823mKurositanasiumiusi110823m

左:キャラメルウミウシ  右:クロシタナシウミウシ

  洞窟では、やはり珍しいキャラメルウミウシも見ることが出来ました。イトフエフキの幼魚や、イソフエフキの幼魚、ベラ科の幼魚もかなり増えてきました。この中にも数種の季節来遊が混ざっていそうです。さあこれから楽しみです。


この記事をはてなブックマークに追加

北からのうねり。

2011年08月21日 | ダイビング

相島・・・気温28 水温29℃~28℃   透明度 ⇔10~15

Hanatatsu110821Kingyohanadainoyougyo110821

左:ハナタツ(by yuri)  右:キンギョハナダイの幼魚(by satoru)

  本日は久しぶりの相島でした。しかしながら道中は大雨洪水警報発令!!ものすごいゲリラ豪雨の中、通へ着くとなんと晴れ間が見え出し、日中は雨が降ることなく快適でした。

  しかしながら北からのうねりが強く、カッカセとライオンは無理そうだったので、オニゼ、オオゼへ潜りました。

Zarakaimennkakureebi110821

Zeburagani110821左ザラカイメンカクレエビ(by saitou)  右:ゼブラガニ(by saitou)

  透明度は水面付近はあまり良くはありませんでいたが、下は意外とクリアでした。オニゼでは巨大クエやハナタツ、フルーツポンチ(ニシキウミウシ)、ザラカイメンカクレエビ、タカベの群れなど見れました。

Sofutokoraru110821Sui110821

左:ソフトコーラル(by yuri)  右:スイ(by satoru)

  オオゼでは、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、キイボキヌハダウミウシ、ナガサキスズメダイの幼魚、キンギョハナダイの幼魚など見れました。本日はほとんどのゲストがハナダイ狙いだっただけに、カッカセかライオンに入れなかったのはとっても残念。でもまたこれに懲りずにリベンジに是非着て下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

食欲旺盛。

2011年08月20日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温28 水温29℃~29℃   透明度 ⇔10~15

Kuroeriginpo110820Akabosiyadokari110820

左:マダラギンポ(by saitou)  右:アカボシヤドカリ(by matumoto)

  このところ珍しく忙しいシーアゲインです。毎日潜ってますが、ちょっとログサボってます。ここ数日天気はあまり良くありませんが、透明度は結構いいです。砂地はスコーンと抜けてて気持ちいいです。

  2本とも左の瀬から砂地コースで潜りました。相変らずクロエリギンポは絶好調で、オス4匹の巣穴が確認できますが、なかなか求愛なんかは見ることが出来ません。

Aoriikanohosyoku110820Kokeginpo110820

左:アオリイカの捕食(by saitou)  右:コケギンポ(by satoru)

  砂地ではクロエリギンポも絶好調です。タツノイトコやタツノオトシゴ、サンゴタツも見れてます。浅場では、アイゴの幼魚やメバルの幼魚、マアジの幼魚なんかが群れていて、それを狙ってアオリイカが捕食活動を行っています。

Kuroeriginponoikaku110820Tatsunoitoko110820

クロエリギンポの威嚇(by satoru)  右:タツノイトコ(by satoru)

  アオリイカの子供達はとっても食欲旺盛で、上手に触腕を使って、次々捕食活動を行っていました。明日は久しぶりの相島です。天気は悪そうですが、透明度は良さそうな気がします。


この記事をはてなブックマークに追加

今日も透明度良好。

2011年08月17日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温29℃~29℃   透明度 ⇔12~15

Yazunomure110817Satsueifuukei110817

左:ヤズの群れ(by miwa)  右:撮影風景(by hirata)

  本日も若干の風波の立つ船越です。1本目は左の瀬、2本目は洞窟へ行きました。浅場は少し底揺れがありましたが、沖に行くと透明度も良く、とっても穏やかでした。砂地では今日もタツノオトシゴやタツノイトコなど見れました。ヤズの群れも見ることが出来ました。そろそろ回遊魚も見られる時期になってまいりました。

Kokeginpo110817Doukutsunite110817

左:コケギンポ(by yamada) 

右:洞窟にて(by hirata)

  洞窟は若干の揺れはありましたが、こちらもすこぶる透明度良好!!ウミウシも沢山見れました。今日は初ファンダイブ、初カメラ、初ストロボなどなど初物尽くしのゲスト陣でしたが、試行錯誤しながら綺麗な写真を撮っていただきました。

Kuroheriamefurasi110817Aoumiusi110817

左:クロヘリアメフラシ(by yamada)  右:アオウミウシ(by satoko)

  それにしてもこのところ微妙な西風がずっと吹いてるんで、講習や体験は一苦労です。


この記事をはてなブックマークに追加

毎日潜ってます。

2011年08月16日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温29℃~29℃   透明度 ⇔8~12

Madaraginpo2110815Musuzigazi110816

左:マダラギンポ(by yuri)  右:ムスジガジ(by うまい棒)

  昨日は講習、本日はファンダイブとセルフチームに分かれて潜ってきました。そして今日も、沢山のダイバーや海水浴客で賑わう船越です。

  相変らず若干の風波はありますが、水中は結構穏やかです。左の瀬では今日もマダラギンポが婚姻色ばりばり。砂地ではクロエリギンポが活発に活動していました。大きなカラスキセワタや、ホタテウミヘビ、ヒメスイや、今日もザ・スイを見ることが出来ました。

Madarginpo1110815Kuroeriginpo110815

左:マダラギンポ (by yuri) 右:クロエリギンポ(by yuri)

  洞窟コースでは今日もウミウシ観察。久しぶりにムスジガジを見ることが出来ました。ミチヨミノウミウシが大きくなってきて、とっても綺麗です。

Takonomakura110816Tensu110815

左:タコノマクラ(by うまい棒) 右:テンス(by yuri)

  浅場では今日もアオリイカが産卵していたり、夢中で捕食活動を行っている若イカ、卵の中にいるベビーまで確認することが出来てます。


この記事をはてなブックマークに追加