シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

チャガラ&卵

2010年01月31日 | ダイビング

青海島「船越」 ・・・気温10℃   水温13℃   透明度 ⇔5~8

  本日は午後になるにつれ凪となり絶好の船越日和となりました!!透明度はイマイチでしたが、久しぶりの船越はやっぱりおもしろい!!

Sirotaeiro100131m_2Tyagaratotamago100131m_6本日の画像はsatoruさんからいただきました。

左:シロタエイロウミウシ

右:チャガラ&卵

  1本目にトンネルコース。2本目に左の瀬へ行って来ました。トンネルコースでは、親ダンゴを探しますがなかなかそう簡単には見つかりませんね~。トンネル出口のキンメモドキの群れはいなくなりましたが、サキシマミノウミウシやアカエラミノウミウシなどが増えてきていました。熱帯性の貝の仲間ムラクモキヌヅツミを見ることができました。ベニキヌヅツミも健在です。ボウズコウイカやAさんがシロタエイロウミウシも見つけていました。

  その帰り道、今年もようやくチャガラ&卵を発見です!かなり目もキラキラと光っており、はっきり稚魚がわかります。かなり大興奮のみんなでした。紫津浦も早く卵が見たいですね~。

左:マトウダイの幼魚Matoudai100131 Hyoumondako100131m_2

右:ヒョウモンダコ 

  左の瀬では、たかやんにクマノミ情報を頂き連れていってもらいました。有難うございました!サイズは以前いた個体よりも一回り小さくとってもかわいい!ただ、やっぱり寒そうにしているのでかわいそうにもなります。頑張ってほしいですね。こちらのヤリイカの卵の成長はまだまだといった感じです。

  オトヒメエビやヒョウモンダコ、そして砂地では500円玉サイズのマトウダイの幼魚、ヒメイカ、その帰りにはビックなマトウダイの成魚、そしてマトウダイの中魚と大中小バリエーションのある個体を見ることが出来ました。・・・今日は収穫大の船越でした!


この記事をはてなブックマークに追加

ちっちゃいイッテン

2010年01月30日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温13度  水温12℃  透明度 ⇔5~8

Kosujiisimoti100130mItohikihaze100130m

左:コスジイシモチ(by はまんちゅ)

右:イトヒキハゼ(by はまんちゅ)

  本日もお天気の中潜って来ました。ただ船越はやっぱり時化てたので2本とも紫津浦です。潜ってビックリ!!縦網が入ったのかアンカーの位置がかなり変わっててちょっとナビに苦労しましたが、アカタチやミジン、ビイドロカクレエビ、イトヨリダイなどは見れました。

Tyagara100130mIttennakatati100130m

左:チャガラ(by satoru)

右:イッテンアカタチ(by satoru)

  Aさんが小さなイッテンアカタチを見つけてくれ、激写してくれました。全身写真は始めてかな?見事です!!浅場ではさらにチャガラが活発になってきました。明日も楽しみです。

  それからログとは関係ないですが、映画「オーシャンズ」見てきました。スゴイですねー。あんなのどうやって撮影したんだろうというシーンが目白押し!!ちょっとこの映画は大型スクリーンで見ないともったいないですよ。イッカクやメガマウス、シロナガスクジラやムラサキダコなど貴重な珍しい映像も多くてすばらしいです。是非おすすめします。

  ちなみにコブダイとムラサキダコは、青海島にも何度も撮影に来られた日本水中映像の奥村さんが撮影されてます。これまたものすごいシーンを撮影されてるんでこちらも必見です。さあ映画館へ急げ!!


この記事をはてなブックマークに追加

久々のイトヨリダイ

2010年01月24日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温12   水温12℃  透明度 ⇔3~8

Chagara100124Ira100124

左:チャガラ(by sameちゃん)

右:イラ(by chisato)

  本日も船越はちょっと波があったので2本とも紫津浦で潜りました。ヤリイカの卵と親も見れました。久しぶりにオキトラギスも見れました。そして今日もイッテンアカタチは鼻先をちょっと出すだけでなかなか出てきてくれませんでした。

Mijin100124

Itoyoridai100124

左:ミジンベニハゼ(by higashi)

右:イトヨリダイ(by satoru)

  しかしまたまたイトヨリダイが登場!!やっぱりこの美しさはヤバイです。ミジンもチョコチョコ見れるんですがなかなかじっくりとは寄れませんでした。

Nenbutudai100124

←ネンブツダイ(by fukumoto)

  その他ツノガニ、ビイドロカクレエビ、イラ、イシヨウジ、ハタタテヌメリ、ネズミゴチなど見られ、チャガラは今日も活発に活動していました。


この記事をはてなブックマークに追加

息絶えていたクサウオ

2010年01月23日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温5℃   水温12℃  透明度 ⇔5~8

Fuefukidai100123mKouika100123m

左:フエフキダイ(by yuri)

右:コウイカ(by satoru)

  本日はとっても寒い一日となりました。が紫津浦は結構ダイバーで賑わいを見せていました。1本目も2本目も深場コースへ行って来ました。久しぶりの紫津浦となりましたが、イッテンアカタチはいるもののなかなか姿を見せてくれませんでした。ミジンベニハゼもちょこっと顔を出して缶の中に入りました。そんな中クサウオが登場!と思ったら息絶えている個体でした。ツバメウオの息絶えた姿もありました。

Mijin100123mKuroisimoti100123m

左:ミジンベニハゼ(by matumoto)

右:クロイシモチ(by satoru)

  ツノガニやヒフキヨウジ、コウイカはペアなのか近い場所で1匹づつ見ることが出来ました。チャガラは数匹が求愛を行っています。やっぱり綺麗ですね~。数が多く捕食活動にいそしんでいる個体が多いので、今年はピークまでもう少しかかるのかもしれません。透明な魚の幼魚やビイドロカクレエビ、珍しいのではフエフキダイなど見てEXしました。ウミウシはミヤコウミウシが網に沢山ついている姿を見かけました。・・・明日も紫津浦潜ってきます!


この記事をはてなブックマークに追加

ベニカワムキ

2010年01月18日 | ダイビング

青海島「船越」 ・・・気温15℃   水温14℃~14℃  透明度 ⇔8~10

本日はお天気もよく暖かい一日となりました。昨日に引き続き船越でのダイビングです。

Orutomanwaraebi100118Sorifune100118左:オルトマンワラエビ(By saitou)  右:ソリキヌヅツミ (By saitou)

1本目にトンネルコース。2本目に左の瀬に行ってきました。トンネルコースでは、出口のキンメモドキの群れが少し少なくなっているような気がしましたが、オルトマンワラエビ、ソリキヌヅツミ、そしてウミウシも結構見ることができました。ムカデミノウミウシやサキシマミノウミウシ、フタスジミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ&卵、そして昨年はちょっぴり不完全燃焼だった春を呼ぶサクラミノウミウシを今の時期にしては多く見ることができました。ミノウミウシ系が増えてきています。今年はヤギ一面サクラミノになってほしいですね~!

Benikawamuki100118Himeika100118左:ベニカワムキ (By yuri) 右:ヒメイカ (By yuri)

そして左の瀬では、こちらでもムカデミノやヤリイカの卵、キイロウミコチョウ、砂地ではワレカラの仲間やヒメイカなどを見ていると、木切れにちょっとかわった魚が・・・。はじめアオサハギにも見えましたが、やっぱり違う!!帰って調べるとベニカワムキという深海系の魚でした。大きくても15センチにしかならない小型の魚のようです。黄色いラインがとってもかわいい魚でした。この時期は何がやってくるかわからないので、本当に楽しみです。

本日のヒットはベニカワムキ。また青海島に新たな魚が加わりました!


この記事をはてなブックマークに追加

チビマトウダイ

2010年01月17日 | ダイビング

青海島「船越」 ・・・気温10℃   水温14℃~14℃  透明度 ⇔8~12

Matoudai100117Nihonawasngo100117

左:マトウダイの幼魚(by satoru)

右:ニホンアワサンゴ(by chisato)

  本日はこの時期凪になるのは珍しい船越へ2本とも潜ってきました。昨日よりも若干透明度は落ちてましたが久々にとってもかわいいマトウダイの幼魚が見れたんでラッキーでした。500円玉よりさらに小さい固体でとっても可愛かったです。左の瀬ではイワアナコケギンポ、オトヒメエビ、ヒメイカ、コケギンポ、など見れ、キイロウミコチョウはかなり増えてきました。

Tyagara100117Kitaunhimesemiebi100117c_0065

左:チャガラ(by sameちゃん)

右:キタンヒメセビエビ(by chisato)

  2本目は三角岩沖から洞窟へ行きました。キタンヒメセビエビ、チャガラ、キンギョハナダイなど見れ、この時期にしては珍しいフジイロウミウシ、ダイダイウミウシ、サガミイロウミウシ、ジボガウミウシ、アオ、シロ、サラサなどイロ系のウミウシが結構見れました。ちょっと季節感がおかしいですね。


この記事をはてなブックマークに追加

船越も潜りました。

2010年01月16日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・「船越」 ・・・気温9℃   水温14℃~12℃  透明度 ⇔8~15

Genrokudai100116

←ゲンロクダイ(by matumoto)

  本日は船越もけっこう回復してきたので1本づつ潜ってきました。1本目は紫津浦に潜りました。イッテンアカタチは今日もとってもシャイでなかなか出てきてくれませんでした。

Tepo100116←テッポウエビ属の一種(by satoru) 

  イトヨリダイも数匹見れたのですがやはり動きが早くなかなか撮影できませんでした。ただ、やはりこいつら一瞬で消えると思ったらやっぱり穴に潜ってます。穴から尾びれが覗いているシーンも見ることが出来ました。それから、初物のテッポウエビ属の一種も見れました。ほぼ白なのですが、ひょっとしたら脱皮した後なのかもしれません。砂に潜っていきました。そしていよいよチャガラ絶好調です。やたら威嚇モードの個体が増え、とっても綺麗です。

Jibogaumi100116Tunogani100116

左:ジボガウミウシ(by matumoto)

右:ツノガニ(by satoru)

   そして2本目は船越トンネルコースへ潜りました。相変わらずトンネル出口ではキンメモドキの群れがすごかったです。ツノガニ、ノコギリヨウジ、ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシなど見て、帰って気づいたのですが、ジボガウミウシは触覚が奇形の個体がいました。珍しいのですがちょっとかわいそうです。透明度は悪いんだろうなと思っていましたが、15m以上は見えました。これから凪になるともっと良くなりそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

メタリックに輝くイトヨリダイ

2010年01月11日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温8℃   水温13℃  透明度 ⇔8~10

Itoyoridai100111mIttennakatati100111m

左:イトヨリダイ(by satoru)

右:イッテンアカタチ(by satoru)

  本日は連休最終日です。若干のうねりがまだ残っていたため紫津浦で再び潜りました。1本目も2本目も深場コースです。

Miyakoumiusi100111mTukihigai100111m

左:ミヤコウミウシ(by higashi)  右:ツキヒガイ(by yuri)

  イッテンアカタチは昨日に比べるとあまり出てきてくれませんでした。。。がその周辺にイトヨリダイが3匹。水中で見るとなんともメタリックで綺麗なカラーで、これは撮らなければ!とワクワクします。いつもはかなりの勢いで泳いで逃げるのですが、周囲をうまく囲むことができたのでじっくりとみることができました。

  新たなミジンベニハゼのペアやヨメゴチ、タツノイトコ、ツノガニ、帰りにはかなりビックなヒラメがいました。近づいても逃げず口を見ると歯がギッシリ。ちょっと恐々と写真を撮りました。ヤリイカの卵やその横で息絶えてしまっていたヤリイカ。。。チャガラはバトルまでは行きませんでしたが、綺麗な色をはなっていました。イトヨリダイにはまりそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

イッテンアカタチに燃えました!

2010年01月10日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温6℃   水温13℃  透明度 ⇔5~8

Iwasi100110mWaido100110m左:イワシの仲間の群れ (By fukumoto) 右: ワイド (By yuri)

  本日は少し波は落ちてきていましたが、紫津浦で2本潜ってきました。1本目も2本目も深場コースです。今日のイッテンアカタチはサービス精神旺盛で、全身を出して泳いでいました。

Kurage100110m_2 Okitoragisu100110m_3左: アミガサクラゲ (By yuri)

右:オキトラギス (By satoru)

  しかも一旦巣穴に引っ込んだと思っていたのですが、再び出てきてくれ、結構長い間全身を見ることが出来ました。何か捕食しているようですが、かなりダイバー慣れしてきたのは言うまでもありません。ミジンベニハゼは最初出ているのですが、穴に入ってしまうとなかなか出てきてくれませんでした。

   

Bidorokakurebi100110m_2ビイドロカクレエビ(By sameちゃん)

  珍しいオキトラギスや泳ぐのがかなり早いイトヨリダイ、ツノガニやビイドロカクレエビ、各種ムラサキハナギンチャク、ヒフキヨウジ、浅場には一昨日も見たダテハゼ属の一種、そしてイワシの仲間の群れがかなりすごい数で天井を覆っていました。ワイドで綺麗でした!・・・明日は船越は入れるかな~!・・・


この記事をはてなブックマークに追加

トガリマルガザミ

2010年01月09日 | ダイビング

青海島「紫津浦」・・・気温8℃   水温12℃  透明度 ⇔5~8

Satorusann100109m_3Mijinbenihaze100109m 左:satoruさん(by fukumoto)  右:ミジンベニハゼ(by satoru)

  本日も船越は時化ていたので2本とも紫津浦で潜りました。イッテンアカタチ、ミジンベニハゼ、ビイドロカクレエビ、クサハゼ、トゲカナガシラ、テッポウイシモチなど見れ、大きなヤツデスナヒトデには、トガリマルガザミが寄生していました。これまた初物に出会えてラッキーでした。

Yariikatamago100109m

Togarimarugazami100109m_3

左:ヤリイカの卵(by fukumoto) 右:トガリマルガザミ(by satoru)

  ジーは今日もお留守でした。どうしち ゃったんでしょうねー。ちょっと心配。チャガラは今日もいろんな生態を見せてくれました。今年は小ぶりながらもとっても数が多いです。いろんな場所で求愛やバトルなんかが見れてます。そして今日もヤリイカが見れ、卵も増えてきました。・・・明日は連休2日目!明日も気合入れて潜ってきます!!・・・


この記事をはてなブックマークに追加