シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

船越と紫津浦へ

2017年05月16日 | ダイビング

青海島 「船越&紫津浦」 気温 23度  水温 18度  透明度 8~10m

本日は昨日よりもうねりはなくなったなと思い海に入りましたが、上がり際には少し底揺れも出てきて午後からは紫津浦にエントリーしました。若干浮遊生物は少なめでしたが、紫津浦は沢山のウミタルが漂っています。アシナガタルマワシを今日も見てきました。紫津浦では、昨日見つけたイッテン?インド??アカタチの幼魚が巣穴を作り州へんをホバリングしています。その姿が超可愛いです!!頭上に泳ぐネンブツダイを威嚇するような姿も見ることができ、結構気が強い魚なんだろうなあと思いました。コウイカは今日は2ペアで産卵中。メスが砂で卵をコーティングさせ、網に海つける一連の行動は見ていて飽きません。ハオコゼがにらみ合いをしているシーンにも出会いました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた時化気味 | トップ | 午後からはたくさん! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む