シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

1000本記念。

2011年05月22日 | ダイビング

青海島「船越」「紫津浦」 ・・気温20℃ 水温17℃   透明度 ⇔3~5

Akki1000bonmKiannkounotamago110522m

左:アッキー1000本!!  右:アンコウ科の一種の卵(By saitou)

本日は船越が若干時化ぎみ。1本目は船越に入り2本目は紫津浦で潜りました。そして今日はアッキーさんの1000本記念!!スゴイですねー。アッキーさんはゴマフホウズキイカというほとんど生態写真の存在しない深海イカを撮影されてるダイバーです。1000本も潜るといろんな出会いがあるんでしょうねー。これからもいろんな出会いがきっとあるでしょう。ということで今日もいろいろ見てきました。

Danngouo110522mOutarumawasinokodomo110522m左:ダンゴウオ(By アッキー) 右:オオタルマワシの親子(By saitou)

昨日見たキアンコウの卵塊と思われるものが今日も見れ、よく見ると少しづつ形が出来てる場所がありました。時化ない限りはこれからも観察できると思います。ダンゴは今日2匹。オオカズナギはアクションありませんでした。紫津浦ではオオタルマワシがけっこう見れました。

Kouikanoikaku110522mTatsunootosigonoyoyougyo110522m

左:コウイカのバトル(By アッキー) 右:タツノオトシゴベビー(By saitou)

そして終わったと思っていたコウイカの産卵ですが、今日は5ペアと徘徊してるオス数匹みれました。久しぶりに過激なバトルも見れました。まだコウイカしばらくおもしろそうです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンコウ科の一種の卵 | トップ | なんと今年もヤツデイカ!! »
最近の画像もっと見る

ダイビング」カテゴリの最新記事