シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

あと少しでハッチ

2017年07月26日 | ダイビング

青海島 「船越」 気温 30度 水温 28度 透明度 8~12m

本日は若干のうねりが入る船越でしたが、2本潜ってきました。ハナイカ出そうで出ない日が続いております。というか、手前の卵がハッチしたのか食われてのかわかりませんが、つぶれてるところが多くなってきているような気がするので、もう始まってるのかもしれません。そして、ここ数日例年では見ることの出来ないユウレイクラゲがコンスタントに見れております。ソラスズメダイは今日も元気に子育てしておりました。


この記事をはてなブックマークに追加

ハッチ間近

2017年07月25日 | ダイビング

青海島 「船越」気温 31度  水温 28度 透明度 10から12m

本日も水中が気持ちよい一日となりました。午後からはミズクラゲとカブトクラゲの大群が押し寄せてきました。今日もハナイカの卵に挨拶に行くと、さらに色を出し可愛くなっていました!!いつハッチするかヨチヨチ歩くハナイカベビーを見たいですね!!クロエリギンポはちょっとだけオス同士でバトルをしていました。午後からは卵保護をするソラスズメダイを観察に行ってきました。巣穴をよく見ると卵が確認でき、卵も目が見えます。巣穴の近くを大きなダイナンギンポが通ったのですが、ソラスズメダイの親は必死になって追い払っていました。抱卵中のノコギリヨウジのペアやマダラギンポを見に行くと、今日は留守をしている様子でした。洞窟内もとっても綺麗です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ソラスズメダイの卵保護

2017年07月24日 | ダイビング

 

青海島 「船越」気温31度 水温28度 透明度 10~15m

本日も凪の船越で2本潜ってきました。ハナイカの卵はさらにいい感じで、いつ出てもおかしくないんですが、相変わらずこうなってから長いです。クロエリギンポは今日はお食事タイムといった感じで、あまり動きはありませんでした。そしていよいよソラスズメの産卵が始まりました。日本海では死滅回遊魚になるのですが、2年連続越冬すると、繁殖が見られます。ここ5~6年は見れていなかったので、久しぶりです。こちらもしばらく楽しめそうです。そして本日はクラゲが多く、その中をエビクラゲやユウレイクラゲも優雅に泳いでおりました。透明度も良く、気持ちいい海況が続いております。


この記事をはてなブックマークに追加

クロイシモチの求愛

2017年07月23日 | ダイビング

 

青海島 「船越」 気温 34度 水温 28度 透明度 10から12

本日も海水浴客でにぎわう船越で潜ってきました。今日はほぼクロエリギンポ狙いで2本とも左に潜りました。オオカズナギは今日もアクションは無く、ぼちぼち終了っぽいです。沖ではクロイシモチが求愛中でした。メスと思われる個体は、とっても綺麗な黄色で、必死にアピールしてました。口内保育が始まると、また楽しみが増えます。クロエリは今日も沢山見れたんですが、動きが速いんで、撮影は一苦労です。ハナイカの卵は今日もバリバリ色を出していました。


この記事をはてなブックマークに追加

ハナイカそろそろ

2017年07月22日 | ダイビング

 

青海島 「船越」気温 35度  水温  28度  透明度 10~12m 

本日も講習、ファンダイブで船越に潜ってきました。浅場の水温は29どまで上がってきました。水温がどんどん上がり続けているので、なんだかヤバい予感がします。以前のように様々な種が全滅しなければいいのですが、上がるペースが速いのでちょっと心配です。そんななか、クロエリギンポは絶好調でした。ハナイカの卵もかなり成長してきました。こうなってからなかなかハッチしないんですが、卵の膜もうすくなり、透明感が増してきたので、もう数日でハッチしそうな気がします。そしてマダラギンポもいい感じの婚姻色を出してます。個体数も多いので、これから楽しみです。


この記事をはてなブックマークに追加

またバトル

2017年07月20日 | ダイビング

青海島 「船越」 気温 33度 水温 28度  透明度 10から12m

本日もべた凪で太陽ギラギラ暑い一日となりました。水温も28度まで上昇し、オオカズナギはさぞ暑い思いをしているであろうと顔を見に行ってみると、オス同士で湯気が出そうなほど激しいバトルを繰り広げていました。水温が上がってきましたが今年はいつまで見ることが出来るか楽しみですね!

砂地では、クロエリギンポの威嚇もカッコよくきまり、ハナイカの卵も順調に成長をしています。今日はハナイカも見ることができました。

午後からは光のサンサンと入る洞窟へ。抱卵中のノコギリヨウジのところには、オトヒメエビが居座っていて、お互いにクリーナーなので、クエをどちらが綺麗に掃除するか競っているような感じでした。

今日もまったり気持ちいいダイビングでした~(^^)/


この記事をはてなブックマークに追加

気持ちよい一日でした

2017年07月19日 | ダイビング

 

青海島 「船越」 気温 33度 水温 28度 透明度 10から12m

本日も快晴!!ファンダイブと体験ダイビングに分かれて潜ってきました。ファンダイブは10年ぶりのダイビングということでリフレッシュもかねてゆっくりと潜ってきました。ハナイカの卵やクロエリギンポ、ベニイシガニの抱卵、婚姻色のマダラギンポ、サンゴタツ、クロイシモチ、そして洞窟内には光がサンサンと降り注ぎとっても綺麗でした。

体験ダイビングも午前中に耳抜きやマスククリアなどのチェックをした後、午後からゆっくりと潜ってきました。ミノカサゴやコケギンポ、表情豊かなマダコ、マダイやキュウセンやカワハギ、ホンベラ、ニジギンポの卵保護、ボラなど見てきました。

水温も暖かくお天気も良く、とっても気持ちの良い一日でした(^^)/


この記事をはてなブックマークに追加

抱卵シーンが熱いです!

2017年07月18日 | ダイビング

青海島 「船越」 気温33度  水温  28度  透明度 8~12m

本日も風波が若干ありましたが、船越に潜れました。日に日に成長しているハナイカですが、さらにいい感じになってまいりました。あと1週間くらいでハッチしそうな勢いです。季節来遊の生物たちが増えてまいりました。そして、卵保護してる生物や、抱卵中の生物も増えてきました。ネイチャーシーンもとっても面白いです。そして本日はk様400本記念ダイブでした。これからもたーくさん潜ってください。


この記事をはてなブックマークに追加

季節来遊

2017年07月17日 | ダイビング

青海島 「船越」気温34度 水温 27度  透明度 8~12m

本日も若干の風波がある船越でしたが、講習、ファンダイブと行ってきました。エントリー前、ジャパンマリンクラブさんより、「カクレクマノミがいた。」という情報をいただき、場所を聞いて探しに行きました。そうするとなんとなんと2匹のカクレクマノミを見ることが出来ました。正規ルートの死滅回遊とは考えにくいと思うのですが、クマノミですらほとんど見れない青海島で超ビックリでした。ただ、本来住処とする、ハタゴイソギンチャクや、センジュイソギンチャクは、この海域にはないので、ちょっと可哀そうな気がします。サンゴイソギンチャクにでも住み着ければいいんですけどねー。今後も要チェックです。クロエリギンポは今日も休戦モードでしたが、ハナイカの卵はすこーし色好き出しました。マダラギンポは婚姻色を出し、とっても綺麗でした。


この記事をはてなブックマークに追加

暑い一日となりました

2017年07月16日 | ダイビング

青海島 「船越」  気温 34度  水温 27度  透明度 8~10m

本日も暑い一日となりました。水温も27度までに達し海につかるのがとっても気持ちいいです。ファンダイブと山口大学のサークル・ドルフィンズのスクーバダイバー講習に分かれて潜ってきました。

ファンダイブでは、まずはオオカズナギチェックに行ってみると、巣穴からでているオスと巣穴からでたメスを1匹ずつ見ることができました。砂地に行くと、今日はクロエリギンポがオス同士のバトルをしていました。ヒレを全開に威嚇するシーンは何度見ても興奮します!小さな可愛いハタタテダイの幼魚も登場し、ハナイカの卵もすくすく成長している様子でした。

午後からは洞窟コースへ行ってきました。洞窟内はサンサンと光がはいり非常に綺麗です。マダラウミウシやコウイカ属の一種、ヒメギンポなど見てEXしました。

そしてドルフィンズの講習も皆で頑張ってきました!!初日の項目も頑張ってきましたよ~!!来週もみんなで頑張りましょう(^^)/


この記事をはてなブックマークに追加