垂れ流しstyle

短歌の置き場。
題詠ブログへの参加など、しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「題詠blog2015」投稿歌

2015-12-01 06:30:44 | 題詠ブログ2015
001:呼
毛の薄い腹を地面に押し当ててよだれを流し呼吸するトモ

002:急
救急車近付くたびに立ち上がりトモもウォーンとサイレン鳴らす

003:要
強風にダンボールまで飛ぶ朝も「散歩は必要だよ?」とお澄まし

004:栄
朝と晩トモと歩いていた頃は武藤書店も繁栄してた

005:中心
中心にどんなおへそがあったっけ腫れたダニしか浮かんでこない

006:婦
天婦羅はもそもそ食べるペディグリーチャムはガツガツグァグァっと食べる

007:度
半袖で汗だくになる日もトモは密度の高い毛皮に喘ぐ

008:ジャム
薄紅に光る口もと白と茶の毛のくっついたジャムの容れ物

009:異
初めての人と話をすることはいつも異文化との出会いです

010:玉
胸を張れ玉虫色は世界一美しい色タマムシの色

011:怪
宿題はイヤだと呻き声をあげ洗濯の山を崩す怪獣

012:おろか
おろかです出てくる人の名がみんなこんがらがって美味い寄せ鍋

013:刊
発売日に読み尽してはもう次の月が待てない月刊りぼん

014:込
初めてのピアノレッスン意気込みが肩から指から迸ってる

015:衛
衛星のように周りを回ってた子らの軌道が拡がってきた

016:荒
寝不足は肌荒れするといいながら布団に入る十歳 女

017:画面
手のひらのサイズの画面の向こうには父が母がいるにっぽんがある

018:救
秋晴れの救助袋を滑る午後 訓練であるという喜び

019:靴
どピンクの運動靴に負けぬよう羽織る桃色の濃いパーカー

020:亜
あまりにも冬が深いと思ったら亜寒帯気候らしいぞここは

021:小
裂け目からあふれかえった肉汁が熱い甘い旨い小籠包

022:砕
おばさんが踏んで砕いたじゃがりこと群がる鳩と噴水広場

023:柱
味噌汁のシジミの殻に引っ付いた貝柱まで完食しました

024:真
シマリスは真面目に食べるドングリを両手で持って正面を見て

025:さらさら
サラサラのサテンのドレスをなびかせたエルサ女王が今年は五人

026:湿
じんわりと湿度の高い眼差しに壁の中まで追い詰められて

027:ダウン
そのソフトダウンロードが終わったらインストールしてアップデートして

028:改
改まらなくてもいいさ日本語の訛りの英語はわたしのことば

029:尺
願書には胸囲の記入欄があり保健室には巻き尺がない

030:物
するだろう今日の冒険物語スクールバスをぽぽんと降りて

031:認
最近はあまり寂しくありません「いいね」がぼくを認めてくれる

032:昏
山際にカラスの群れは吸い込まれ空に大地の溶ける黄昏

033:逸
渾身の力を込めて捏ね上げた父のうどんは自慢の逸品

034:前
エムアンドエムズで数のお勉強「前へならえ」を知らない子らは

035:液
ほとんどが液体だけでできているスイカにナシにミカンにワタシ

036:バス
秋らしい色に染まった樹々の中をオレンジ色のバスが過ぎ行く

037:療
治療法なんてないただ治るのを待つだけ柔い布で包んで

038:読
キャラクターの気持ちはちゃんと読み取れるくせにわからぬ自分の気持ち

039:せっかく
はじめてのキャンプせっかく来たけれどムシガコワイで過ぎた一晩

040:清
蚊は止まり赤いおなかを膨らます柔く清らな稚児のふともも

041:扇
市報には扇形グラフの一端として描かれる 最後は家で

042:特
不特定多数の評価を追い求め大事なものがこぼれ落ちてく

043:旧
水道の復旧までに地震から十一日を必要とした

044:らくだ
土色のボロをまとってうっとりと夢見るようにしゃがんだらくだ

045:売
半額の札を貼られた焼売が規則正しく並ぶスーパー

046:貨
複数のアロマオイルがごちゃ混ぜに匂う雑貨屋 閉店の知らせ

047:四国
細切れに遍路をしてた友からの便り「四国に移住しました」

048:負
負の世界遺産となって原発の歴史を語る福島第一

049:尼
壮絶な瀬戸内さんを見て思う尼さんたちの過去のあれこれ

050:答
無視されることの増えゆく透明な声で答えているのか君は

051:緯
これからの人生を送る場所として北緯三十九点八度

052:サイト
二十年前に作った文字だけの僕のサイトにたどり着けない

053:腐
十日間漬けた豆腐の味噌漬けの深い旨味が冷酒に似合う

054:踵
粉を吹いた冬の踵の裂け目からにじみ出す血が廊下を染める

055:夫
そっくりな娘を育て今やっと夫のことを分かった気がする

056:リボン
リボンばかり読んでいないでジャンプとか見とけば人生違ってたかも

057:析
Aちゃんのこと以外なら完璧に分析できる君なのに何故

058:士
子どもらが競い突進する先に二十六歳保育士男性

059:税
週末はデラウェア州へ買い物になぜって消費税ゼロだから

060:孔雀
背面に羽を広げた七歳のクジャクはトリックオアトリートす

061:宗
家選びみたいに資料を眺めつつどの宗教にしようか迷う

062:万年
しなやかな万年筆を買いました書きたいことを見つけなくては

063:丁
こじらせた甘えん坊の赤ちゃんが抱っこしてよと包丁を研ぐ

064:裕
裕の付く名前はさらに増えるだろうグラフの右に下がりゆく中

065:スロー
君らしいスローペースで一歩ずつ前へ進んで行こうこのまま

066:缶
餞別にもらったサンマ缶詰は海洋高校食品科製

067:府
観光を二泊三日に詰め込んで二府一県を修学旅行

068:煌
ブラインドの隙間から降る煌めきに身を溶かしたいバターになるまで

069:銅
十円玉銅貨数枚それぞれの色の違いが硬貨の歴史

070:本
クリックで訳してくれる電子本よりも嬉しい紙の手触り

071:粉
粉砂糖たっぷりかけてふんわりと可愛くなった焦げたクッキー

072:諸
諸事情で僕の名前は三つあり僕の住所は四つあります

073:会
やや暑いセンター試験会場に小さく響く鉛筆の音

074:唾
遠くまで唾を飛ばして最上のボイスパーカッションを奏でる

075:短
短歌って自撮りに似てる自意識を最上級の形に乗せて

076:舎
紫に染め変えられた旧校舎の廊下に今も残る傷跡

077:等
世界中すべての恋人たちへ告ぐ想いの量は不等号だと

078:ソース
真実も嘘も混ざった蜘蛛の目を覗く時にはソース確認

079:筆
散り際の庭の桜の大木を一筆書きで書いて見せてよ

080:標
何事もなかったような青空の下横たわる道路標識

081:付
台風で添付書類が破損しております再送信願います

082:佳
鶴の絵が佳作に入り隅っこに赤い付箋が丸まっていた

083:憎
神田うのが不愉快すぎて髪を上げおでこを出した人みな憎い

084:錦
日本人だなあと思う新米のカリフォルニア産玉錦食む

085:化石
古代より変わらぬ黒さ艶やかさ生きてる化石なのさゴキブリ

086:珠
この時代あえて珠算を習うのは趣味教養の一環ですか

087:当
当事者であることを受け入れられず見ない聞かないないないないない

088:炭
赤々と熱を放出する炭の周りの闇が揺らめいている

089:マーク
運転に自信が持てず併用中初心者マークともみじマークと

090:山
まめ知識 関東平野に住む人は林のことを山と呼びます

091:略
ネットには略奪愛の方法が並んでいます冬はすぐそこ

092:徴
この夏に第二次性徴期を迎え少女は鏡を見ては溜息

093:わざわざ
飛行機でわざわざ行ったラーメン屋はマルちゃん正麺に少し劣る

094:腹
悩みには鈍感なのに腹の肉の増加はすぐに気がつく夫

095:申
職に就くのはまだ怖く上級の英語クラスに申請をした

096:賢
この星の平和のためにいがみ合う全人類に賢者タイムを

097:騙
騙す気はなかったけれど受け入れてもらえるのかなカツラ取っても

098:独
指定席は姉のとなりの妹がついに独立したゴーカート

099:聴
聴こえると伝わるはまた別のこと用をなさなくなった日本語

100:願
願わくは来年もまたこの場所で題詠ブログを走り抜くこと
コメント

完走報告(海)

2015-11-27 00:18:34 | 題詠ブログ2015
今年も無事完走することができ、ホッとしています。
生活の場が海外に移ったせいか、最近本当に短歌を詠めません。
英語習得のために使う脳の部分と、短歌で使う脳の部分が近くて、今は英語学習だけでいっぱいいっぱいなのかと想像しています。
そんな中、題詠ブログは、長期間に100首という、あまり負担にならない設定で、参加しやすかったです。

マイペース参加なので、主催者の五十嵐さまのアンケートが期間の半ばに行われていたことにも気づきませんでした。
わたしにとっては、この題詠ブログはとてもありがたいものであり、短歌を詠むいい機会を作っていただいています。わたしが短歌を始めた時にはすでに毎年開催されていて、わたしも気軽に参加させていただきました。そして、気がつけば、三年連続で完走していました。
あって当たり前のものと捉えていたけれど、わたしが楽しく参加できるのは、開催者の五十嵐さまのご尽力によるものだったと、今頃になって気づきました。
このような場を設けていただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。

次年度は開催するか、方法をどうするかは、五十嵐さまの判断にお任せ致します。
ただ、今まで参加させていただけたことは、本当にありがたいと感謝しております。


コメント

100:願(海)

2015-11-26 15:33:13 | 題詠ブログ2015
願わくは来年もまたこの場所で題詠ブログを走り抜くこと
コメント

099:聴(海)

2015-11-26 08:11:35 | 題詠ブログ2015
聴こえると伝わるはまた別のこと用をなさなくなった日本語
コメント

098:独(海)

2015-11-25 23:46:38 | 題詠ブログ2015
指定席は姉のとなりの妹がついに独立したゴーカート
コメント

097:騙(海)

2015-11-25 21:25:23 | 題詠ブログ2015
騙す気はなかったけれど受け入れてもらえるのかなカツラ取っても
コメント

096:賢(海)

2015-11-25 20:15:26 | 題詠ブログ2015
この星の平和のためにいがみ合う全人類に賢者タイムを
コメント

095:申(海)

2015-11-25 12:10:49 | 題詠ブログ2015
職に就くのはまだ怖く上級の英語クラスに申請をした
コメント

094:腹(海)

2015-11-25 11:57:51 | 題詠ブログ2015
悩みには鈍感なのに腹の肉の増加はすぐに気がつく夫
コメント

093:わざわざ(海)

2015-11-24 19:17:57 | 題詠ブログ2015
飛行機でわざわざ行ったラーメン屋はマルちゃん正麺に少し劣る
コメント

092:徴(海)

2015-11-24 19:12:22 | 題詠ブログ2015
この夏に第二次性徴期を迎え少女は鏡を見ては溜息
コメント

091:略(海)

2015-11-23 11:23:10 | 題詠ブログ2015
ネットには略奪愛の方法が並んでいます冬はすぐそこ
コメント

090:山(海)

2015-11-23 08:12:57 | 題詠ブログ2015
まめ知識 関東平野に住む人は林のことを山と呼びます
コメント

089:マーク(海)

2015-11-23 08:04:03 | 題詠ブログ2015
運転に自信が持てず併用中初心者マークともみじマークと
コメント

088:炭(海)

2015-11-23 06:42:50 | 題詠ブログ2015
赤々と熱を放出する炭の周りの闇が揺らめいている
コメント