Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

京都の画家と考古学―太田喜二郎と濱田耕作―

2017-08-05 23:14:28 | Weblog
京都文化博物館 2017年6月24日~8月20日

 「アートと考古学」 考古学者濱田耕作は結構絵もうまかった。点描の洋画家太田喜二郎と濱田耕作は交友して、漫画風の絵巻物を残す。山口晃「すずしろ日記」みたいな漫画風の絵巻物なかなか面白い、朝鮮行った時の旅行絵巻にはいっぱい妓生が出てきた。遊んでるな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近代京都へのまなざし―写真に... | トップ | 屏風が映し出す縁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL