Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

名所絵から風景画へ―情景との対話

2017-05-11 01:14:49 | Weblog
宮内庁三の丸尚蔵館 2017年3月25日~6月25日

 前期中期後期の三期のところ、前期を見損ねてしまった。残念。中期は銭湯のペンキ絵みたいな床次正精「噴火山之光景」がびっくり。行啓に際してとか、ご成婚記念とかで献上された作品もあり、贈答品としての絵画を実感。台湾行啓のときの「台湾名勝絵巻」が出てて後期には朝鮮半島の「金剛秋色図巻」なぞもある。真景図研究に重要。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪村 奇想の誕生(二回目) | トップ | よみがえった文化財 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL