Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

2017-06-17 22:59:04 | Weblog
東京ステーションギャラリー 2017年4月29日~6月18日
兵庫会場、愛知会場巡回済み

 ドイツの山下清的な、ただし裸の大将よりやばい性的な犯罪をやっている人。アウトサイダー・アート/アール・ブリュットの人だが、人間として生きていれば過去の作品と全く無縁ではないのだなと思う。20世紀前半の作品だけど20世紀後半のヒッピー文化とかを思わせる作風。ある意味ガウディ的でもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボイマンス美術館所蔵ブリュ... | トップ | 名刀礼賛 もののふ達の美学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL