Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

2017-10-23 01:40:54 | Weblog
静岡県立美術館 2017年10月21日~12月10日

 庭園を描いた絵画を中国絵画から江戸時代の絵画を集めた展覧会。狩野派が割と多いけど絵図とかまで入れて幅広い。庭園が理想の山水を人工的に作り上げていることを考えると庭園画って二重に虚構の世界。だいたい見た感じは山水画。静岡県立美術館は風景をやる館で風景≒山水だからやるんだな? 大雅の真景図=日本の実景を中国の名勝に見立てた、はそうなんだけど真景の範囲は拡大していって、中国の見立てとか関係なかったり、画家の実体験とかいっても実体験ないのもあるし、この展覧会は庭園画の展覧会で真景図の展覧会ではないからいいとして、真景の謎は深い。展示では描法が共通し、実景≒実際の庭ということで「真景図」も出てくるのですが、庭園画の展覧会なのにどうして庭じゃない実景を描いた絵がぞろぞろ出てくるのか、展示からはちょっとわかりにくいかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京のエンターテイナー 長沢... | トップ | 天下を治めた絵師 狩野元信... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実景と庭園 (Sea)
2017-11-07 19:20:25
庭園を実景として描くに加えて実景を庭園のように見る、描くってのもあるな。
生景 (Sea)
2017-11-08 19:25:00
生景てしょうけい?せいけい?
しょうけいなら勝景の仲間?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事