Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

屏風にあそぶ春のしつらえ 茶道具とおもてなしのうつわ

2017-03-20 22:59:57 | Weblog
泉屋博古館分館 2017年2月25日~5月7日

 前期と後期で絵画はメインの「二条城行幸図屏風」と油彩以外はまるっと入れ替え。工芸も一部入れ替え。「扇面散・農村風俗図屏風」が面白かった。菊池容斎は長生きしてるし、弟子の活躍で明治ぽい気がしてるけど、江戸時代の人だな。展示中の「桜図」は特定の桜の木で特定の人物のために描かれた感じがありありとする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カッサンドル・ポスター展 ... | トップ | 江戸と北京 18世紀の都市と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL