Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

地獄絵ワンダーランド

2017-07-29 01:48:12 | Weblog
三井記念美術館 2017年7月15日~9月3日
龍谷大学 龍谷ミュージアム 2017年9月23日~11月12日

 「地獄絵」の展覧会だけど名品でなくてもかまわないってことか。最初に水木しげる『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」見ると、水木しげるがちゃんと調べてることもあって地獄について知識を得たところで、実際に使われてたような地獄の絵があって、一部は美術史的な名品でもある。十王図の画中画の屏風って水墨の山水画とか墨竹とかが多いのはカラー画面の異界にするためか?大名の描く立山曼荼羅、存在が面白い。、死絵の地獄絵極楽絵的なところに注目してあって面白かったが、死絵は像主が死んだときに作られるものだから「江戸時代」よりも制作年代決まりそう。そして八代目市川團十郎の死絵「300枚」はないな、100枚はあってもう少しあるけど200枚も行かないんじゃないかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月岡芳年 妖怪百物語 | トップ | リアルのゆくえ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL