Seachang's room

見に行った展覧会の私的な感想です。皆様の展覧会行脚にお役立てください☆
コメントお待ちしてます。

岡崎和郎 Who's Who−見立ての手法

2016-10-17 22:29:22 | Weblog
千葉市美術館 2016年9月7日~10月30日
この後福岡会場へ巡回
 
 作家オブジェ的なWho's Who シリーズ。こちらは元になる作品が図版であったり現物だったりで紹介されている。御物補遺が好きです。メタ美術史の展覧会。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小川信治−あなた以外の世界の... | トップ | 身体をめぐる商品史 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL