桜が咲く頃までには

家族と歩む、ちょっと病気の主婦の日記です

もうすぐ幼稚園

2017-03-30 06:13:31 | 日記
娘の入園式が近づいています。
準備は早くからしていたので、たぶん大丈夫。
娘の心の準備も少しずつ?イガイガしながら、受け入れながら進んでいます。
ようちえんの絵本を読んだり、集団生活のルールを教えたり、そんなこともできています。楽しみ半分、怖い半分みたいです。
1人で行くのが、とにかく怖いそうです。

行ったらどうなるのかな?
母としては、いっぱいお話を聞いたり、ちゃんとお迎えに行って安心感を与えたい。
でも体は?
間に合わないかも。間に合うのかな?


私の体の元気な時間をどこに配分できるのか?
闘病、家事、育児、余暇、勉強、、、、
わずかな時間をめぐって、毎日脳内論争が行われています。

私自身の病気に対して、昨日少し良いことができました。
私は、我慢強すぎる。と、母は言いました。
主張が足りない、と私は常々思って後悔しています。

なので、ペインクリニックにて我慢をやめていっぱい主張しました。痛すぎるし、つらすぎると。
いっぱい話を聞いてもらいましたが、結果は同じでした。
私の中では、絶望感でいっぱいでした。私が何を言っても何も変わらない。。

しかし、その中でも少し光明を見つけました。
人は迷惑をかけるもの
家族には負い目を感じなくていい

と言われたのです。

なるほど。申し訳なくてやれなかったことだけど。そんなこと言ってられないな。
そこで、主人の知り合いの方に、お知恵を拝借することにしました。
専門外でも、とにかく聞いてみなけりゃはじまらないと思ったのです。

活路が見えました。
次の一手を打つことができました。
薬の増量です。
体をならすのは大変な薬ですが、急ぎ頑張らなければ。頑張ることが耐えることでなくて良かった。新たな一手を試せるのは、特に気持ち的に助かります。

いつか、ここで私の治療法が確立かつ確実なものであれば書いていきたいと思います。
しかし、一体どなたに役立つのだろうとも思いますので、むしろスタンスや気持ちの整理の仕方をつらつら書きます。もし、お役に立てたら幸いです。


私は諦めません!
娘の母として、私が願った理想の普通の育児をすることを。
でも、幼稚園が近づいています。
さみしさでいっぱいです。
間に合わないかもしれない。
そして、娘には他のママと違う母であることの苦労が積み重なるのです。

娘は、私が考えているより強い。きっと。
でも、私が考えているより弱い。
こうなった以上、一緒に頑張ることが、娘と私の心を平穏に保てるかなと。なので、受診頻度も下げるつもりです。

今年桜は遅いですね。
桜は待ってくれている。
間に合え!間に合ってくれ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大吉!!! | トップ | 子どもとの時間 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。