お日さまキラララ

家族と歩む、子育て中の主婦の日記です

病院に行くのはちょっと悲しい

2016-10-13 14:49:30 | 日記
当たり前のことでしょうが、病院に行くのに苦労します。

近所のクリニックに行くのも子連れだと大変ですが。
大きな病院ともなれば、それはそれは。
検査があれば、検査して、診察まで1時間待って、そこから診察までまた待って、お会計にお薬に、、、。
半日、下手すれば1日かけての小旅行です。

子どもが普通に待てるはずがありません。
けど、預けるのもしんどいです。
何時になるかわからないし、現時点では親くらいしかお願いできません。
それもそう何度もといきませんし。

娘も病院頑張ってついて行くと言ってくれるので、私も心強いしなるべく来てもらいます。
(来たいとかなり泣くので、かわいそうなのが半分ですかね)

でも、一応病人だし、1人では無理かなあとなって。
夫が当然のごとくついてきます。
主人も、私を連れて行ったり診察室入るのが目的でもあるので、子どもとお留守番してれば良いって話でもなく。。

とにかく。どんな形でも、とりあえずマンパワーは確保。


でも、ベビーカーも子どもも肩身が狭いです。
健康な子どもであっても、病原菌扱いだし、同じ病人でもすみませんってスタンスが必要です。
入院病棟は一切入れません。
んー。
最近の病院って子どもに厳しいと感じます。


少し憤慨気味に言うと、
元気でない母親なので、子どもが病気になったら、即地獄絵図になります。
なので、その注意の仕方は半端ないはずです。

さらに。前に鼻水が〜と耳鼻科に連れて行ったら
「んー、感染源が考えにくい生活ですね」
とのこと。

よくぞ!
先生!!
と内心興奮したものです。
私の生活に付き合う娘が、そうそう病原菌を持っていません。
なので、できれば、子どもに一律に厳しくしないでほしいです。
線引きは難しいですけどね。確かに。
でも、悲しいんです。


もちろん、優しくしてくださる方もいっぱいいらっしゃるので。
そーいう優しさに触れる時はもうありがたくて
くしゃくしゃに笑っちゃいます。

心の底から笑えるひと時です。


私も元気になりたいですが、
突き詰めれば病院に行きたくて行ってる訳ではありません。
子どもは尚更です。

それでも迷惑なんだから仕方がないと言われれば、そっかあとも思います。
ただ、悲しい気持ちをどうにかすることはできそうにありません。

幼子と病院に行きにくい感じは、私が感じているだけではないはず。
少子化は当たり前だとも、つくづく思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この世の春 | トップ | お笑い好き »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。