停年後の生活を楽しみましょう。

常識を脱して、新しい目で停年後の生活を考えましょう。定年後は自分のために楽しむ時間です。

「悠久のインド9日間」№49 エローラ石窟群・第32窟(Ⅳ)

2017年06月18日 | 旅行・ダイビング・趣味
 インドラ・サーバ窟の2階からの光景です。2階からは前庭の建物や石窟の左右の彫り物も良く見えました。

窟の側面にも窟が掘られていて行ってみたい気持ちは有ったのですが、ツアー旅行は団体行動で添乗員の言う事は天の声です。


 シートベルトで命が助かった
 6月10日の観光バスに乗用車が飛び込んだ事故ではシートベルトを着用していて助かった人の事を話題にしていた報道機関も、昨年1月のスキー事故の件ではシートベルト着用のことは当時は殆ど報道しませんでした。
 当時、私は今後のことも考え国民にシートベルト着用の必要性を報道して欲しかったのですが、報道はシートベルトのことを積極的に報道することは控えていました。理由は事故で亡くなられた方への配慮でしょう。その配慮は理解出来ないではありませんが、その後の重傷事故の軽減のために批判を浴びてもシートベルト着用の報道はすべだと思いました。
 報道は日頃から、視聴者に嫌われることがあっても真実を報道する。と豪語して「報道の自由」を訴えていますが、スキーバスの事故では「国民の真実を知る権利、国民の安全を守る使命」を放棄して、真実の報道をしませんでした。
 これが報道機関の本質です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「悠久のインド9日間」№48 ... | トップ | 「悠久のインド9日間」№50 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。