停年後の生活を楽しみましょう。

常識を脱して、新しい目で停年後の生活を考えましょう。定年後は自分のために楽しむ時間です。

「悠久のインド9日間」№19 これぞインド人

2017年05月18日 | 旅行・ダイビング・趣味
 リゾートホテルですから当然プールもあり、何時でも入れるように整備はされていました。そのプールの一角に面白い物を見つけました。プール内で飲み物や食べ物を食べられる水中カウンターです。本当はプールの中の椅子に座りたかったのですが、時間も水着もありません。それで店員側の空間には入り記念写真です。こんな水中カウンターは始めてみました。

裏庭の散策を終えてホテルの玄関に回ると象の彫り物。それよりも私の目を引いたのはセキュリティーの人か?ドアボーイか判りませんが、これぞインド人と言う服装に髭を生やした男性を見つけ、早速写真をお願いしました。


 北朝鮮のミサイルは
 14日打ち上げられた北朝鮮のミサイルは液体燃料ロケットと紹介しましたが、どんな燃料でしょうか?私もロケットの噴射ガスの色だけしかデーターが無いので確約は出来ませんが、恐らく燃料は「ヒドラジン」と酸化剤としては「四酸化二窒素」だと思います。
 液体燃料ですが、液体水素や液体酸素などのように冷却しておく必要は無いので、予め燃料を積んだ状態で待機させておけます。
 しかし、多少の腐食性があるので長期間ロケット内に入れておくことは出来ませんが、数日?数ヶ月?という程度なら発車準備完了状態で待機出来ます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「悠久のインド9日間」№18 ... | トップ | 「悠久のインド9日間」№20 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行・ダイビング・趣味」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。