停年後の生活を楽しみましょう。

常識を脱して、新しい目で停年後の生活を考えましょう。定年後は自分のために楽しむ時間です。

「悠久のインド9日間」№47 エローラ石窟群・第32窟(Ⅱ)

2017年06月16日 | 旅行・ダイビング・趣味
 この石窟も前庭の有る2階建て構造ですが、他の石窟と異なっていたのはその前庭に小さいのですが、礼拝堂と言うか寺院が掘り出されていました。
 石窟の寺院内部です。

石窟本体の方から見た前庭の建物です。


 道徳と法律はどちらが上
 弁護士の中には多くの未成長児童が居ます。思考回路・知識・行動力・人との対話・判断力等々総てが総合的に成長して「大人」に成ります。子供の成長は総ての能力が同時に成長するものでは有りません。時を変え、順次知能が発達します。そして総ての知識がそこそこのレベルになった時に「大人」と呼ばれます。しかし、人によっては知能の発達に偏りが生じ、特定分野の知能は発達してもある種の知能の発達が阻害されて育つ場合がります。
 人並み以上の知識を持っている(頭の良い人)が、ある種の知識が未発達(偏向知識)な為、例えば一部の弁護士は「大人」に成れなかった人も居ます。そんな人が大きな顔をして「私は知識人」と上から目線で見ているのは許せません。
 試験の点数が高いだけの偏った知能が発達した、自分は偉いと思い込んでいる弁護士のことを、一般には「頭でっかち」と言って非難の対象にも成ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「悠久のインド9日間」№46 ... | トップ | 「悠久のインド9日間」№48 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行・ダイビング・趣味」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。