シーバス世を泳ぐ

旅行や美味しいもの、ときどき政治や経済などのお堅いネタ…思いのままに書き綴ります。

『危険なビーナス』東野圭吾著

2016-10-18 21:19:16 | Weblog
「ごめん、好きにならずにはいられない」失踪した弟の嫁に会った瞬間、俺は雷に撃たれた。解けない謎が、出逢うはずのなかった二人を近づける。‐‐‐弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。(本書帯より)

東野圭吾の書き下ろし最新作。そこそこ「なるほど」とは思わせますが、これではドラマか映画の脚本ですね。小説としての深みはありません。『容疑者Xの献身』とは雲泥の差があり、同じ人が書いているとは、とても思えません。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーシャンテラス@インター... | トップ | ル・ヴァンキャトル@東京都目白 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む