SDTMの気まま空間

SDTMが徒然に書いて行きます。

狩りの時代/津島裕子  【書評】

2017-04-20 07:35:39 | 書評
★ 狩りの時代/津島裕子  【書評】 

この本を読む切っ掛けは文藝春秋2016年12月号の「鼎談書評」に紹介されていたを
読んだからです。
津島祐子さんは2016年2月に亡くなられて、遺作となった本です。
津島さんは太宰治の娘。この書は、東日本大震災の原発事故に衝撃を受け、現代の人々が
科学文明に背負わされているリスクへの恐怖を描いているようです。

しかしながら、全体の主題は、主人公のである女性のダウン症の兄が差別され続けて
亡くなったという被害者意識を描いています。太平洋戦争の戦前、戦後を通じて
色々なエピソードが盛り込まれています。このお兄さんは津島さんの実在し、
モデルとなっている。

一気読みしていまいました。お勧めの本です





お付き合い、有難う御座います。



【タグ】 狩りの時代 津島裕子





気にって頂ければ、以下の投票ボタンを押してください。励みになります。

blogram投票ボタン
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直流電気機関車EF210-115のパ... | トップ | 交直両用電気機関車 EH500-29... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。