僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

ETV特集 「裁判員へ~元死刑囚免田栄の旅~」をみた

2010年02月15日 | 映画 TV ドラマ 芸能
番組紹介NHKHPから 
=昨年5月スタートした裁判員制度。誰もが裁きの場にかかわる時代に、自分の体験を伝えようとする一人の元死刑囚がいる。強盗殺人の罪をきせられ死刑判決を受け、34年半を獄中で過ごした免田栄さん(84歳・大牟田市在住)である。今までのところ裁判員の判断は量刑判断にとどまっているが、今後、被告が無罪を訴える裁判に、裁判員が直面するケースが必ず起こる。その時、裁判員は本当に、感情に流されず、法にのみ支配された判断を下すことができるのか、免田さんには不安がある。えん罪事件がなぜ繰り返されてきたのか、なぜ、現在も続発しているのか、その検証が十分なされないままに、新しい制度が始まってしまったように思えるからである。
 免田さんは、えん罪を生む構造、死刑を待つ恐怖について講演活動を続け、また獄中からえん罪を訴える人々の支援活動を行ってきた。そして去年の秋、新たな旅に出た。再審に挑む仲間を訪ねる旅であり、今も獄中から無罪を訴え続けている死刑囚を励ます旅であり、人が人を裁くことの意味を考え続けている司法関係者と対話する旅である。そして、自身の人生をたどり直す時間の旅である。
 免田さんは84歳という年齢に達した今、身体の自由がきくうちに、生涯をかけることになったえん罪事件との戦いの意味を自ら再確認し、裁判員になるかもしれないすべての市民に訴えたいと考えている。…=

僕が免田事件に注目したのは70年代の中ごろだった。番組で免田栄さんが結婚していたのを知った。
えん罪を生み出す構造は今も変わっていないと思われ印象に残ったのは袴田事件の1審で、最後まで無罪を主張した裁判官の、自白調書を証拠として採用するかどうかをめぐっての証言だった。
裁判員制度の導入がえん罪根絶のスタートになる事を祈る。 

 
免田栄 獄中ノート―私の見送った死刑囚たち
免田 栄
インパクト出版会

このアイテムの詳細を見る
 

えん罪入門

日本評論社

このアイテムの詳細を見る
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 ハンサム・スーツをみた  | トップ | バンクーバー冬季五輪初のメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。