僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

作曲家。歌手の平尾昌晃(ひらお・まさあき)さん亡くなる 79歳

2017年07月23日 | おくやみ
平尾昌晃さん肺炎で死去、21日急変家族に見守られ
上記の記事には
=「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」「カナダからの手紙」などのヒット曲で知られる作曲家で、歌手としても活躍した平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが21日午後11時40分、肺炎のため、都内の病院で死去した。79歳だった。
 ロカビリー歌手として社会現象を起こし、作曲家に転身後も多くのヒット曲を世に送り出した。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。
 平尾さんはもともと肺に疾患があり、15年1月に肺炎のため、約3週間入院したこともあった。所属事務所によると、今月13日に体調を崩し、都内のかかりつけの医師がいる病院に外来で訪れた。その後、暑い日が続いたこともあり、数日後に体調を悪化させてしまい入院し、たんの吸引などをしていた。入院中も仕事に対して前向きだったが、21日に容体が急変。家族やスタッフらに見守られて亡くなった。
 小学校時代から、ラジオで英語の歌詞を覚えるほど熱心に洋楽を聴いた。高校時代はできたばかりの日本ジャズ学校に通い、進駐軍キャンプやジャズ喫茶で腕を磨いた。ウエスタンバンドを組んだが、エルビス・プレスリーの音楽に衝撃を受け、ドラムを取り入れてロックバンドに仕立てた。58年に歌手デビュー。第1回日劇ウエスタンカーニバルに参加。ミッキー・カーチス、山下敬二郎さんとロカビリー旋風を巻き起こし、「和製プレスリー」と呼ばれ、ロカビリーブームの立役者になった。
 60年代半ばから作曲家に転身した。以前から肺を患っており、当時、医師から「3年間は肺を使ってはいけない。歌わないように」と告げられ、歌手活動は断念した。
 67年に作曲した布施明「霧の摩周湖」や梓みちよ「渚のセニョリーナ」の両曲で日本レコード大賞作曲賞を受賞した。その前後、結核で倒れたりしたため信州で療養生活を送った。のちに日刊スポーツの取材に「この時の経験が作曲家としての分岐点になりました。療養中、見ず知らずの人が野沢菜を漬けて持ってきてくれたり、初めて人間の温かさを感じた。心の故郷をテーマに曲を書きたいと思った」と振り返った。こうして「よこはま・たそがれ」「私の城下町」などが誕生した。その後もポップスから演歌まで幅広い曲を手掛け、ヒットメーカーとして一時代を築いた。
 74年に平尾昌晃歌謡教室(現平尾昌晃ミュージックスクール)を開校。狩人、松田聖子、中村あゆみ、森口博子らを育てた。78年にはスクール出身の畑中葉子とデュエットした「カナダからの手紙」がヒットした。03年には紫綬褒章を受章。06年から宮川泰さんの後を受けてNHK紅白歌合戦のフィナーレ「蛍の光」の指揮も務めた。=

ぼくは平尾昌晃さんを戦後日本の音楽シーンをひっばってきたアーチストとして尊敬しています。
心からご冥福を御祈りいたします。
決定版 2016 平尾昌晃
キングレコード
キングレコード

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットメディア覇権戦争 藤... | トップ | 映画 高台家の人々 をみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おくやみ」カテゴリの最新記事