僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

耐震強度偽造喚問とライブドア強制捜査。幼女連続誘拐殺人事件死刑判決

2006年01月17日 | 政治

[耐震強度偽造事件] 安倍長官秘書に相談 問題発覚でヒューザー社長 - goo ニュース

耐震強度偽造喚問とライブドア強制捜査。幼女連続誘拐殺人事件死刑判決は意図的に同じ日にぶつけられたようだ。

耐震強度偽装問題をめぐり開かれた衆院国土交通委員会の証人喚問で、ヒューザー(東京都千代田区)の小嶋進社長(52)は、問題発覚後の国土交通省への働き掛けについて「安倍晋三官房長官の秘書に議員会館で相談した」と証言した。

 ライブドアの時価総額は1日で1500億円失った。

 幼女連続誘拐殺人事件で殺人罪などに問われた元印刷業手伝い宮崎勤被告は死刑が確定した。 宮崎被告の裁判は東京地裁の初公判から16年で終結、死刑が確定した。

宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ

新潮社

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライブドア強制捜査、関連会... | トップ | ライブドアショク »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
証人喚問とライブドア事件 (時計てぃくたく)
2006-01-25 01:41:21
喚問の前日という絶妙のタイミングであの事件がおこったことで世間の目はライブドアにむいた。耐震偽装問題から世間の目をそらしたいがために大物黒幕があのタイミングでライブドアに強制捜査するようにしくんだと疑ってしまうのは自分だけでしょうか?



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
宮崎勤判決 (七五白書 (しらけないために))
 バブル経済が絶頂期の1989年1月、昭和は終わり平成となりました。前年に発覚しましたリクルート事件で政界は混迷を深め、「オバタリアン」などの言葉がはやっていました。そんな中、その冷酷さ、残忍さ、反社会性は今も、多くの人の記憶に残る幼女誘拐殺人が続発して
ライブドア問題によせて (トモさんのよろず評論)
 ライブドア・堀江氏の、「問題」が報道され「社会問題」化されている。詳しいことはまだ明らかにされておらず、無闇なことはいえない。だが、ライブドアのような新興企業が、弱肉強
◆建築確認の最高裁、横浜地裁判決。耐震強度偽装設計で今日、国会の証人喚問 (てらまち・ねっと)
 耐震強度偽装設計問題で今日、国会の証人喚問などが行われます。  この事件、民間の問題は当然として、行政機関の責任をどうみるかが一つ焦点です。  国や自治体は、昨年秋にこの問題が発覚したとき、最初は当事者の責任だと知らん振りでした。その後、一部に、補助する