僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

吉田拓郎、ノーベル文学賞のボブ・ディラン称賛

2016年10月14日 | 社会
吉田拓郎、ノーベル文学賞のボブ・ディラン称賛「ディランが居たから今日がある」
上記の記事には
= 米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)が13日、ノーベル文学賞を受賞し、日本のミュージシャンも歓喜! 吉田拓郎(70)、泉谷しげる(68)ら“ディラン世代”のシンガー・ソングライターたちは称賛の言葉を送った。
 ボブ・ディランにあこがれ、多大な影響を受けた拓郎は「もし、あの時にボブ・ディランが居なかったら、と考える。ボブ・ディランが居たから今日があるような気もする。多くの事がそこから始まったと僕は思うのだ」とコメントし、文学とロックと垣根を越えた偉大なアーティストに敬意を表した。
 1980年代にボブ・ディランの初来日ライブを鑑賞し、大感動したという泉谷は「いんやビックリ!」と題し、ブログを更新。「えぇえー! あのボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したぁあ!?」と驚き、「ボブ・ディランがノーベル賞かぁ〜似合わないなぁ…この不思議な『違和感』どーしてくれるンじゃい!(笑)素晴らしきボブ・ディランみんなに愛されてンだな 受賞おめでとう」と泉谷節で祝った。
ボブ・ディランの名前からグループ名を命名したポップデュオ、ホフディランのボーカル、キーボードの小宮山雄飛(43)ファンからの祝福メッセージがツイッターに寄せられ、乾杯する写真をアップし、「みんなお祝いのメッセージありがと! セカオワのNakajin君に祝ってもらってます!」
ディランの名曲「風に吹かれて」(1963年)で衝撃を受けたシンガー・ソングライター、さだまさし(54)「ディランは自分の周りにある不満や疑問、怒りや悲しみを歌曲の中に持ち込み、人々の心と時代にフィットした。音楽にこれほどの影響力があるのだと示してくれた」
同世代の歌手、加藤登紀子(72)「ディランは変革のエネルギーの突端にいて、ミュージシャンに勇気を与えた。話し言葉に近い彼の歌詞はシンプルだが、大きなメッセージや物語がつづられ、人々に繰り返し歌われる強さがある」=

ぼくは吉田拓郎さんの歌でボブ・ディランに興味を持った。
英国のビートルズと米国のボブ・ディランは日本の文化に「力」を授けたと思う。
ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞を喜びたい。
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム(デラックス10周年エディション) [Blu-ray]
ボブ・ディラン
ユニバーサル ミュージック

吉田拓郎 ベスト DQCL-2103
Sony Music Direct (Japan) Inc.
Sony Music Direct (Japan) Inc.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 パーマネント野ばら ... | トップ | 映画 100回泣くこと をみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。