僕のつぶやき。 ネットの窓から。

管理者の日々思うこと
ブログ「しんぶん」をめざす。

映画 氷点 をみた

2010年08月29日 | 映画 TV ドラマ 芸能
氷点 [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

この作品は三浦綾子さんの同名小説を山本薩夫監督が映像化した白黒作品である。製作は1966年だ。NHKBSでみた。文芸作品映像化の古典としておもしろくみた。完成度高くいい作品だ。
心の”氷点”は今も昔も変わらないことを実感した。

出演: 若尾文子 / 船越英二 / 安田道代 (大楠道代)/ 津川雅彦 / 森光子 山本圭ほか

氷点 (上) (角川文庫 (5025))
三浦 綾子
角川書店

このアイテムの詳細を見る
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKドラマ「セカンドバー... | トップ | 作家三浦哲郎(みうら・てつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 TV ドラマ 芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「氷点」 (邦画ブラボー)
氷点=水が氷結するとき 北海道旭川にある総合病院の院長宅。 昼下がりにショパンを弾く夏枝(若尾文子)。 出張を早く切り上げた啓造(船越英二)を優しく迎えるが 夫の目に映ったのは、テーブルの上におかれた 「ふたつのコーヒーカップと灰皿」だった。 そそくさと...