最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

科学技術政策

2007年07月30日 09時52分06秒 | Weblog
選挙も相変わらずの感情論先行で科学技術政策などに関する議論は知る限りではほとんどなかった。選挙結果はともかく毎回議論と投票基準レベルの低さには閉口している人が多いのではないか。多くの人には興味無いかもしれないが、技術立国で技術で飯を食べている国であり、自動車などのように民間主導で行われている産業はともかく、公的資金を効率良く投入していかなければならない分野に関する議論が皆無に近いのは痛かった。F-X(次期主力戦闘機) の選定問題、中規模の民間機の開発、宇宙開発の方向性などやバイオ関係の議論も知る限りでは全く無し。原発も原子炉建屋本体を強固な地盤に固定しても、それだけではシステムとしての原発の安全性としては全く不十分であることがわかったが、そういった話もない。これらは確かに専門的で多くの人の興味も引かないので、公の場の議論ではなじまないと思われているかもしれないが、国会で議論するのでなければどこで議論するのだろうか。別に文系でも良いが議員の何割かはこういった分野に詳しい人でないと困る。とにかく普段から勉強不足で何も専門分野を持たない人、また自分の専門以外の分野は何も知らないという人は迷惑なので議員にならないで欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Cell ブレードサーバ | トップ | オーバークロック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。