最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

GridMPI と SDPARA その2

2006年06月29日 22時35分46秒 | Weblog
GridMPI を用いて SDPARA を下記の二つのクラスタ計算機で実行することを試している。SDPARA の make には ATLAS(blas 系), CLAPACK, BLACS, SCALAPACK のライブラリが必要になる。SDPARA 本体と BLACS, SCALAPCK の make には mpi のインクルードファイルやライブラリが必要なので GridMPI 1.1 を用いている。

クラスタ A (CPU 64bit Xeon 2.8GHz, OS は Fedora Core 3 for x86_64)
クラスタ B (CPU 64bit Opteron 2.0GHz, OS は Fedora Core 4 for x86_64)

クラスタ A や B のみで実行している場合には正常に動作するが、二つのクラスタで同時に実行すると著しく精度が落ちる。ただし、クラスタ A で作成したバイナリをクラスタ B に移動して同時に実行しますと正常に動作している。クラスタ A の gcc は 3.4.4 で B の gcc は 4.0.2 になっている。
こちらなどを参考にしてコンパイルオプションに -msse2 -mfpmath=sse を付けてみたが、x86_64 系のせいなのか特に変化はなし。今度は最適化オプションを全て付けないで試してみることにする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« データウェアハウス & CRMEXPO | トップ | GridMPI と SDPARA その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事