最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

GotoBLAS の make 時間 その2

2009年03月26日 12時15分49秒 | Weblog
マニュアルに以下のように書いてあったので、今度はマルチコアを利用して高速に make を行う。日本からだと lapack-3.1.1.tgz のダウンロード時間が長いので予めダウンロードしておくことにする。ただし各マシンでのコンパイラ(gcc/gfortran)のバージョンが異なっている。またコアが1個しか無いマシン(HT も含む)は測定から除いた。

1. Really really quick way to build library

Type "make" or "gmake". Also you can specify -j option to make
compile faster if you have SMP system.

$shell> make -j 4


1: Intel Xeon 5460 (3.16GHz); 8 コア 48.332s ; (1 コア 2m34.010s)

2: Intel Core i7 (3.2GHz); 4 コア 1m24.630s ; (1 コア 2m45.585s)

3: AMD Opteron 2384 (2.7GHz); 8 コア 50.341s ; (1 コア 2m55.305s)

4: Intel Xeon 5160 (3.0GHz); 4 コア 1m36.635s ; (1 コア 3m0.099s)

5: Intel Core 2 E8200 (2.6GHz); 2 コア 2m53.499s ; (1 コア 3m2.659s)

6: AMD Opteron 2356 (2.3GHz); 8 コア 1m3.309s ; (1 コア 3m41.458s)

7: Intel Xeon E5345 (2.33GHz); 8 コア 1m5.656s ; (1 コア 3m46.993s)

8: AMD Opteron 270 (2.0GHz); 4 コア 3m35.027s ; (1 コア 5m34.677s)

10: AMD Athlon-MP (2.0GHz); 2 コア 10m24.077s ; (1 コア 10m34.590s)

12: Intel Atom2 (1.6GHz); 2 コア9m15.232s; (1 コア 18m49.992s)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半正定値条件の強さ | トップ | SDPA 7.3.0 v.s. SDPA 7.2.1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。