最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

SDPA 7.3.0 v.s. SDPA 7.2.1 その2

2009年03月28日 14時03分35秒 | Weblog
前回の続きになる。実行マシン5と6は旧式でも低性能でもないのだが、参考にために加えておいた。SDPA 7.3.0 は 7.2.1 に対して全てのマシンで性能が上がっていることがわかる(シングルスレッドの VIA Nano を含めて)。高周波数版 Pentium と言われる Atom だが、残念ながら 2002 年の Athlon MP にも劣っている。ここ数年でマルチコア化も含めて CPU が非常に高速化したという印象を受ける。

○実行マシン1:Intel Atom 330 (1.6GHz) : メモリ 2GB : Fedora 10 for x86_64 ; 2008年
○実行マシン2:VIA Nano L2200 : メモリ 3GB : Fedora 10 for x86_64 ; 2008年
○実行マシン3:AMD Athlon MP 2400+ (2.0GHz) : メモリ 2GB : Ubuntu 8.10 for x86 ; 2002年
○実行マシン4:AMD Opteron 270 (2.0GHz) : メモリ 4GB : CentOS 5.2 for x86_64 ; 2005年
○実行マシン5:AMD Phenom 9950 (2.6GHz) : メモリ 8GB : Fedora 10 for x86_64 ; 2008年
○実行マシン6:Intel Xeon E5345 (2.33GHz) : メモリ 16GB : CentOS 5.2 for x86_64 ; 2007年


○マシン1 (2スレッド:OMP_NUM_THREADS=2)
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 5m19.346s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 4m37.740s

○マシン2 (1スレッド:OMP_NUM_THREADS=1)
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 5m14.815s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 5m6.156s

○マシン3 (2スレッド:OMP_NUM_THREADS=2)
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 4m36.691s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 3m37.414s

○マシン4 (2スレッド:OMP_NUM_THREADS=2) 4スレッドでは非常に低速
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 2m21.498s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 2m2.988s

○マシン5 (4スレッド:OMP_NUM_THREADS=4)
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 44.663s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 27.109s

○マシン6 (8スレッド:OMP_NUM_THREADS=8)
SDPA 7.2.1 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 33.020s
SDPA 7.3.0 + GotoBLAS 1.30b9 + MUMPS 4.8.3 ; 19.985s
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SDPA 7.3.0 v.s. SDPA 7.2.1... | トップ | Atom 対 Celeron (Coppermine) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事