最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

SDPA の数値実験 2009 年 3 月 その2

2009年03月21日 12時20分55秒 | Weblog
今度は Sparse 系の問題に対する数値実験を行ったので、結果を報告する。添付の表を参照していただきたい。

○実験環境
CPU : AMD Opteron 2384 2.7GHz : 2 CPU, 8 cores
Memory : 32GB
OS : CentOS 5.2 64bit
Compiler : gcc/g++/gfortran 4.1.2
MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) Multi-thread : OMP_NUM_THREADS=8

○実験1 (Table 3, 4)
Sparse 系の中から主要な問題を選んで実験を行う

1: SDPA 7.3.0β : GotoBLAS 1.30b7 + MUMPS 4.8.3
2: CSDP 6.0.1 : GotoBLAS 1.30b7
3: SDPT3-4.0β : MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) + Intel MKL + CHOLMOD
4: SeDuMi 1.2 : MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) + Intel MKL + CHOLMOD
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SDPA の数値実験 2009 年 3 月 | トップ | SDPA-QD と SDPA-DD »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。