最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

1ペタFLOPSの高速専用コンピュータ

2006年06月20日 03時52分51秒 | Weblog
それなりに大きく報道されているので(テレビのニュースではやってないと思われるが)、知っている方も多いと思う。汎用ではなく特殊目的のためのコンピュータではあるが、世界最速のコンピュータシステムが理研に納入された。噂は昔から聞いていたが、MDGRAPE-3というこの世界では大変有名な専用計算用のチップから構成されている。ただし複合機のというのが最近の流行になりつつあるようで、Intel の新 Xeon プロセッサも大量に搭載しているので汎用機としても使用も出来るのだろう。
TOP500 は Linpack という LU 分解のソフトウェアで測定されているが、この計算だって特殊と言えば特殊であり、仮に Linpack 専用機のようなコンピュータを作れば(どれだけ意味があるかは知らないが)、TOP500 で世界一になることも普通に勝負するよりは簡単だと言われている。本気である先端分野の計算をしようと思ったら、おそらく1ペタフロップスのコンピュータでも足りないだろうから、専用計算機を作るというのはリーズナブルは選択肢の一つであると思う。その次の京速(10ペタ)計算機は複合機ではあるが、Linpack も動くようにして TOO500 での世界一も目指すそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何かの前兆 | トップ | 台湾新幹線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。