最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

SDPA の数値実験 2009 年 3 月

2009年03月20日 14時29分11秒 | Weblog
そろそろ SDPA の開発に一区切りを付けて論文等に結果をまとめようと思うので、いろいろな数値実験を行っている。現時点ではこのような感じになっているので、添付の表を参照していただきたい。

○実験環境
CPU : AMD Opteron 2384 2.7GHz : 2 CPU, 8 cores
Memory : 32GB
OS : CentOS 5.2 64bit
Compiler : gcc/g++/gfortran 4.1.2
MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) Multi-thread : OMP_NUM_THREADS=8

○実験1 (Table 1)
SDPLIB の中から主要な問題を選んで実験を行う

1: SDPA 7.3.0β : GotoBLAS 1.30b7 + MUMPS 4.8.3
2: CSDP 6.0.1 : GotoBLAS 1.30b7
3: SDPT3-4.0β : MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) + Intel MKL + CHOLMOD
4: SeDuMi 1.2 : MATLAB : 7.7.0.471 (R2008b) + Intel MKL + CHOLMOD

○実験2 (Table 2)
SDPA (pthread) と CSDP (OpenMP) との比較
1. SDPA 7.3.0β : 8 threads -→ pthread(Schur complement), GotoBLAS(DGEMM, etc.)
2. CSDP 6.0.1.OMP : 8 threads -→ OpenMP, GotoBLAS(DGEMM, etc.)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加