最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

Dell PowerEdge 1900

2007年07月19日 14時03分36秒 | Weblog
購入した Dell Power Edge 1900 が到着した。とりあえず2台だけ出して動作確認を行った。静音、省電力の傾向に反して、6台の大型ファンがフル回転すると大音量が発生する。パソコンと一緒に過ごすことが多いので騒音には慣れているつもりだったが、これは凄い。それでもこの迫力には高速、高性能を期待させられる。
OS の導入に心配だったのは RAID5 コントローラー、NIC、ビデオカードの動作だったが CentOS 5.0 x86_64 においては全てが正常に動作した。クワッドコア 2CPU のパワーと RAID 5 コントローラーの性能の良さは体感できる。1台で 8 コアが存在するのだが、ある程度大きな SDP になると SDPA 7.0.2 + GotoBLAS 1.1.5 では、1, 2, 4, 8 コアと性能がスケールアップしていく(性能比率はあまり良くないが)。ただしメモリの帯域幅が限られているので複数のコアを使うには様々な工夫が要る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加