ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

海勢頭豊 命のライブ at本澄寺の報告

2017年07月22日 | 活動報告
7月16日、大阪高槻の本澄寺での海勢頭豊さんのライブに行ってきました。


海勢頭豊さんと愛さん(バイオリン)、路沙さん(ボーカル)の本堂でのステージ、とてもステキです。
月桃、喜瀬武原、ザンの海、コザキチロックなどおなじみの曲のほか、
自衛隊配備に揺れる宮古島を歌った新曲「響まし(とぅゆまし)宮古島」も披露されました。
そして辺野古の座り込みを応援する「辺野古旅情」では、海勢頭さんの
”ここを辺野古のゲート前だと思って、みんなで歌いましょう”の
呼びかけに、みんなが心をこめて一緒に歌いました。


6月12日に亡くなられた大田昌秀さんと、深い親交があった海勢頭さん。
葬儀では、一般焼香の2時間「月桃」「喜瀬武原」「さとうきびの花」などを
歌い続けたそうです。大田さんが、平和の礎を完成させた1995年は、
映画「GAMA-月桃の花」の撮影中で、この映画が今も毎年、全国の
どこかの学校などで上映されていることなどを、大田さんとの思い出と共に
語られました。映画の主題歌「月桃」は、毎年慰霊の日に、沖縄中で歌われています。


本澄寺のある五領・上牧地区は、今年「産廃焼却炉建設問題」で揺れ動きました。
自治会ぐるみの運動で当面断念させたものの、予断は許さない状況だそうです。
辺野古と同じように「地元が嫌がるものを権力や財力で押しつける」状況に、
海勢頭さんは、絶対建設させないようにと、エールを送られました。

ZAN
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第12回じゅごんの里ツアー3... | トップ | 辺野古新基地建設反対7.22新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事