ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

6月16日 辺野古へ行くダンプはグリ石の洗浄をしていない。

2017年06月17日 | 基地と沖縄
 本部町在住のSDCC会員のFacebookスレッドより以下転載します。
 辺野古へ行くダンプはグリ石の洗浄をしていません。(動画あり)

 以下転載
---------------------------


 雨の中の金曜日。人数は少ないが元気に座り込みが始まる。
9時前、機動隊の強制排除が。道路を挟んでゲートの反対側でマイクを握る司会者に対して、
まず煽動するなと中隊長が迫ってくる。何が煽動で何を根拠に排除しようとするのかとの抗議に、問答無用の強制排除。もうむちゃくちゃだ。国会も辺野古も国民、市民の目も全く気にしないやり方。



 昨日から、運んでくるグリ石が少し違う。大きさ、色が違うのだ。(明らかに過積載も)
どうやら、国頭の採石場に加えて、本部半島の石が運ばれ始めたらしいとの情報もあり、
昨日目撃された情報に基づき、名護市安和の山城砕石鉱業付近に本部町島ぐるみ会議の仲間に監視を要請し、合わせて、午後の搬入のためにゲートから出ていくダンプを追尾。



 すると、やはり丸政、大宜味産業のダンプを中心に約40台ほどがこの山城砕石鉱業の採石場に入っていく。
12時頃に辺野古に搬入したダンプが再度積み込みに帰って来て3時の搬入に向けて出ていく様子を監視。
特にちゃんとシャワーをかけてグリ石を洗浄しているのかをチェックしたが、他の現場に行くダンプがシャワーをしているのに辺野古に搬入するダンプはすべてシャワーなしで出ていく様子を確認。
 


 防衛省、国会答弁と全然違うよ。二つの動画を見てもらうとよく判る。白色のダンプ(他の現場に行く)
がシャワーしている横を、辺野古搬入ダンプがそのまま出ていく。また、もう一つも丸政のダンプがシャワーなしで出ていくのが判る。少なくとも出入り口の状況はそうだ。
 



 それにしても1日で約180台のダンプ等を入れられた。過去最多の搬入量だ。

-----------------------------
 転載終わり



 ☆じゅごん





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎月15日はジュゴンの日♪   | トップ | じゅごん茶話会の報告です(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

基地と沖縄」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL