松江人の日帰り登山

未踏の山を幾つ登れるか挑戦しています

鍋坂山へ

2017-08-13 | 日帰り登山

鍋坂山 なべさかやま 703m
8/13 曇り 出発地:奥出雲町高田 鍋坂山駐車場 約490m

盆前にどこかの山に登りたかったが天候がくるくる変わり、しびれを切らして鍋坂山に出かけることにした。朝9時ごろから青空が顔を出し、気持ちの良い出発となった。大東町海潮 うしお から大仁広域農道に入り上久野を過ぎて大仁トンネル出口から900m行くと水道ポンプ場があり、舗装された駐車地がある。近くに登山口があり登山道に入る。小さな沢を何度も渡る。丸太の小橋2か所、以前見かけなかったアルミ製の梯子が2か所ある。草の刈り込みはされてないので草に覆われた所もあったが、道に迷うことはない。1か所倒木があって跨いで進む。階段状になっている道があるが、土が崩れていて滑りやすい。ロープがあるので必要に応じて使う。30分で稜線に着く。お地蔵さんがあり、小銭が置いてある。ここから右手に進むと山頂、駐車場から45分かかる。頂上は草ぼうぼうだが眺めは良い。盛んにチョウが飛んでいる。国土地理院地図にはトンネル上を通って五万城山 ごまんじょうやま に行く縦走路が載っているが、いまは歩く人もなく、道は消えている。歩くには急斜面とヤブコギの覚悟が必要。今日の大山は雲の中、三瓶山を見て下山する。帰りの車から上久野で2軒の茅葺き屋根の民家を見つけたが、出雲地方でも少なくなっている。稜線にどうして地蔵があるのか不思議だが、五万城山(護摩場山)では、鎌倉時代に元軍が来襲したときに胡麻供養が執り行われたことから置かれたものだろう。11年ぶりの鍋坂山登山だった。


登山口と水道ポンプ場(駐車場)


沢にある梯子


稜線の地蔵


山頂から北方向を望む


?ヒョウモン


左 三郡山(805.9m)     右 五万城山(749.7m)


正面 城山 じょうやま (578.0m)


茅葺き屋根の民家1


茅葺き屋根の民家2

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CDを聴く 『フリオ・イグレシアス ● ... | トップ | 滝巡りの玉峰山へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。