松江人の日帰り登山

未踏の山を幾つ登れるか挑戦しています

松江イングリッシュガーデンの園児たち 6/15

2017-06-16 | 風物詩

宍道湖岸を車で走ると天気良くて爽快感がある。バラの花も終わったけど、ちょっと寄ってみようかとイングリッシュガーデンに寄ってみた。最近は裏の湖岸側から入ることにしているので、今朝も裏に回る。子供たちの声が聞こえるので行ってみると、近くの保育園児が二人の先生と芝生で遊んでいた。直ぐに園児がやってきて声をかけてきた。男の子が手製の紙箱の中を見せてくれる。中にはきれいなテントウムシ。「ちょっとおいで」と言うのでついて行くと葉っぱの間に赤い実が見える。「これを取ったら先生にしかられた」。「車で来たの?」と女の子。「当たり前だろ」と男の子。皆は湖岸に出て走り出す。「お弁当は?」「ない」。「これを吸って」と男の子。小さい赤い花を差し出す。「おいしい?」と聞いたが、もう蜜の味はしなかった。風もあって暑さを感じないガーデンの朝。11時になると手をつないで園児たちは帰っていった。30分歩いたら昼食が待っている。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鷹取山へ | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。